d47 MUSEUM 47都道府県の文化や生活を知る

d47MUSEUM

渋谷ヒカリエ8階です

渋谷ヒカリエ内にある日本各地の事を知れるミュージアムです。

展示台が47あり、食べ物、スーパーマーケット、コンビニ、アクセサリーなどのテーマに沿って、一つひとつの台に地域ごとの展示が展開されます。

地域の違い、あるいは共通点がざっくりではあるけど見えてくるかもしれません。比べて見るというのはどんなテーマでも結構面白いものです。

また、「埼玉」「静岡」などの地域ごとの特集も組んでいて、そこからも「日本の地域の今」が見えてきます。

関連イベントやワークショップもおこなわれています。渋谷ヒカリエという場所もあるけども、元気のいい展示をしてるなー、という印象。

d47 MUSEUM 感想

「d47=47都道府県」の展示!

d47MUSEUM

それぞれの台にそれぞれの活動

ひとつのテーマに関して、日本国中からそれに関する展示を持ってくるというスタイルで、展示の台が47あります。

私が行ったのは「NIPPONの47人」。

日本の47都道府県各地で、独自の活動をしている人たちを紹介していました。

食、場所、エネルギー、仕事…それぞれが取り組んでいる事も、商品や模型など展示されてました。

地域密着型が多かったかな。実際にそこへ行ってみたくなるような活動をしている人も多かったです。萩のゲストハウスとか、いいなあ。

日本国中の「今」を知ることのできる展示でした。面白かったです。

撮影可だったので、気になる活動は写真撮ってきました。撮影OKだとこういう事できるからいいな。NGだと必死でメモらにゃならんので。

フラリと行ける

渋谷ヒカリエの中にあるので、何かのついでに行けます。まあ8階まで上がるのはちと骨ですが…
入るまでのハードルが低いです。気軽に、色々な企画に触れる事ができます。
これって結構大事な事だと思うんだよな~。と、駅から遠く離れた博物館美術館に行く身としては実感する。
街中、というか様々な人の流れのある所に建ってると、より身近になるのになあという感じ。

所要時間/滞在時間

今回はサラッと観ました。だいたい30分くらい。47の気になる所のみ、解説と展示物をじっくり観ました。

47の展示台を全てじっくり観ていると1時間くらいはかかる気がします。

バリアフリー

渋谷ヒカリエなのでエレベーター、車いすトイレなどの設備はきちんとしています。

乳幼児関係

渋谷ヒカリエ内には授乳室、ベビールームがあります。

ただヒカリエ自体が結構混んでいて、エレベーターも満員だったりするので、なかなか乳幼児を連れては行きづらい雰囲気があるんですよね……仕方ないんですが。

体験

企画展に関連したトークイベントがあります。

カフェ・ショップ

展示に関連した商品が置いてありました。

展覧会によって変わってきます。

近隣のこと

同じフロアに川本喜八郎ギャラリーがあります。

外国人向け

最初の解説は英語でのパネルもありました。

展示台についていた解説は日本語のみでしたね。

ただこれも展覧会によって変わるかなあ。

d47 MUSEUM 基本情報

住所

〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階

電話番号

03-6427-2301

開館時間

11:00~20:00 ※入館は19:30まで

休館日

企画入れ替え時のみお休み

入館料

展覧会によります

アクセス

東急東横線・田園都市線/東京メトロ半蔵門線・副都心線 渋谷駅(15番出口)と直結
JR線/東京メトロ銀座線/京王井の頭線 渋谷駅と2F連絡通路直結

設備

渋谷ヒカリエ内ですが、下記の設備があります。

車いす用トイレ
授乳室
子ども用トイレ

Wi-fi

あり

写真撮影

展覧会によるかもしれません。

ホームページ

http://www.hikarie8.com/d47museum/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告