江戸木目込人形博物館 小さな人形たちが迎えてくれる

江戸木目込人形博物館

人形がたくさん!

もとは「賀茂人形」と言って、京都が発祥の木目込人形。それらを観せてくれる場所です。

墨田区の<小さな博物館>のひとつです。塚田工房さんの小さな博物館。

小さな博物館というのにふさわしく、工房兼店舗の一角に、古い作品などが所狭しと並んでいます。

職人の方が対応してくださり、色々なお話が聴けます。

要予約なので、電話もしくはメールで事前に連絡を。

江戸木目込人形博物館 感想

昭和の名作や製作の過程が観られる

江戸木目込人形博物館

Myお気に入り。ダルマがかわいい

せまいスペースに、作品や製作の道具・過程を再現したものが展示されています。棚1つ分くらい。

なので、3人くらいで行くと、入れ替わり立ち代りで観る事になりそう…

人形たちは、サイズが小さいのもあるけど可愛い…!丸々としていて愛嬌があります。

あまりに可愛いので、子どもが遊びで使う用途なのかなーと思ったら基本的には置物だそうで。子ども掴んで持ってっちゃいそうですけどね。観て愛でる物らしいです。

製作過程については、解説がたくさんあるわけではないので、下に書いたようにぜひ質問してみてください。

質問もOK!

「分からないことがあったら訊いてくださいね」とおっしゃってくださいました!

せっかくなので質問をいくつかしました。

製作日数(なかなか一概には言えないらしい)や、そもそも木目込人形とは?(そこで上記の賀茂人形のお話が出た)、どういった形のものが出るのか(雛人形ですって)、縁起物以外にも変わった物を作ってたりはするのか、といった事に丁寧に答えていただきました。

最後のは、自分でも訊いていて何言ってるのか分からなくなりかけてましたね…いや純粋にどういう形の人形があるのかな、ちょっと面白い主題の物があるのかなと思っただけなんですが。
ちなみに、面白い物としてはスマホケースを作っているそうです。現代的!

所要時間/滞在時間

じっくり観て、色々質問をして25分ほど。

サラッとなら10分くらいかも。

<小さな博物館>なので展示スペースは小さいです。

バリアフリー

特になし。ですが、お店は平らなので大丈夫かと思います。

乳幼児関係

特になし。

体験

簡単な江戸木目人形を作ることができます。有料・要予約です。

カフェ・ショップ

人形が買えます。

というか、元々がお店の中に作られた博物館なので、まあ商品はありますよね。

近隣のこと

近くに、すみだ郷土資料館があります。

反対側の方面には漆工博物館もあり。

あとは見所としてはスカイツリーやその付属施設のソラマチかな~。

外国人向け

解説の英語パネルはあります。が、微妙に隅の方に隠れていたので、予約時伝えるのがいいかと思います。

江戸木目込人形博物館 基本情報

住所

〒131-0033 東京都墨田区向島2-11-7

電話番号

03-3622-4579

予約はこの番号に。「塚田工房」なので塚田さんが出ます。

開館時間

月~土
10:00~17:00

休館日

日曜日
祝日

※事前連絡があれば開館の日時以外でも対応可

入館料

無料

アクセス

都営浅草線/東京メトロ半蔵門線 押上駅(A3出口)から徒歩8分
東武伊勢崎線とうきょうスカイツリー駅(正面口)から徒歩10分

設備

特になし

Wi-fi

なし

写真撮影

ホームページ

http://edokimekomi.com/hakubutukan/index.html

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告