深川江戸資料館 江戸の町に迷い込む

深川江戸資料館

入口はいたって普通

清澄白河駅からすぐの江戸に関する博物館。江東区の郷土博物館のようなものです。

ただしとにかく江戸!江戸特化です。
江戸のことを知るなら江戸東京博物館ですが、こちらもなかなか。
江戸東京博物館はとにかくでかくて疲れる上に江戸のほぼすべてをカバーしているほど展示の幅が広いので、「江戸の町」はこちらの方がじっくり浸れると思います。

しかし時代劇が地上波で全然やらないので、わあ時代劇!みたいな感覚は今の若い人はないんだろうなあ…と思ったら、時代劇がほとんど壊滅状態になっている今がちょっとさみしかったりもしますね。

江戸好きは絶対に行かねばならない博物館の1つで、江戸の町のことを実感できる素敵なところです。

深川江戸資料館 感想

江戸の町が再現されている

深川江戸資料館

江戸の町へタイムトリップ!

これが楽しいです!

表通りの八百屋や米屋、裏長屋、火の見櫓やその下にある二八そばの屋台……時代劇の世界にそのまま入ったような感覚。長屋の中にも入れます。

江戸の町の一部を再現している博物館は他にもありますが、ここまでまとまった再現は他にはないです。

長屋は江戸のムック本などでもその構造が紹介されていたりもしますが、まさにそれを感覚として知ることができます。井戸があって便所があって、のような。

この再現された江戸の町について解説してくれるガイドさんもいるので、色々と江戸の知識を入れることもできます。
解説のパネルなどは無いので、そういった話を聴くことも含めて体感として学ぶような感じです。

着物や浴衣を来てそれっぽく撮影してみるのも面白いかもしれないですね~。

長屋の中にも入れる!

深川江戸資料館

お月見の時期に行くとお供えが

長屋は1つひとつ”どういう人物が暮らしているか”の設定があり、その設定に沿った物が置いてあります。子どもがいる家はおもちゃが置いてあったり、とかですね。
それを考えつつ、どういった物が置いてあるのかを見るのもいいです。
この辺りは上でも書いた解説ガイドさんに聴くのが一番いい

かな。

長屋の中のたんすを開ける(開けるのOK!)と着物が入っていたりするので江戸の町で盗人をしているような勇者をしているような気分も味わえます。

家の中にあるかごの中で猫が寝てたりして芸も細かいです。

季節ごとに展示も替えていて、その時々で楽しめます。

子どもも遊べる

深川江戸資料館

浮世絵のパズルもあったり

中学生以下は保護者同伴じゃないと入れないのがネックなのですが。

ともあれ、江戸の町が再現されていて中に入れたりしますし、屋台の小道具もあるのでごっこ遊びができます。というか実際に私見知らぬ女子とごっこ遊びをしました。そしたら親に間違えられました、確かにそんな年齢だ笑

あとは町に隠された動物を探すというちょっと子供心をくすぐる企画もあります。

再現された町並みはちょっと狭いし、絶妙に子どもが楽しめそうな雰囲気があります。なんだろうかくれんぼとかし始めそう…

企画展や大鵬顕彰コーナーもあり

深川江戸資料館

相撲好きはここ目当てに行くらしい

一部のスペースですが、こういった特集展示も行なっています。

私が行った時は企画展は歌舞伎関連でした。ここは撮影ダメでしたね。
そして、こちらは常設展と違ってたっぷりの解説があり、読書のような読みごたえでした。

大鵬顕彰コーナーはその名の通り相撲関連の展示を行なっています。
ここもある程度の展示替えをしているのでいつも同じものを観られるとは限りませんが、私がおお!と思ったのは川端龍子が意匠を担当した大鵬の化粧廻し。川端龍子が好きなのでちょっと得した気分。
ちなみに川端龍子については、川端龍子記念館があります。それについての記事はこちら

所要時間/滞在時間

じっくり観て2時間くらい。私の好みも入ってます笑

サラッとなら30分くらいかなと。

バリアフリー

エレベーターやスロープがあるので移動は問題ないです。長屋の中に入るのはスロープ等はないですね、昔の家の再現なので……

ただ、長屋の中のものを触ったりも出来るので視覚障害のある人も江戸文化に文字通り触れることができるのではないでしょうか。

乳幼児関係

男女トイレ内にベビーチェアがあります。女子トイレ内にオムツ替えシートがあります。

体験

落語や大人向けの講演会があります。

他にも再現された江戸の町で行われる大道芸や流しなどが登場する日があります。江戸の町に入り込んだような体験ができます!

カフェ・ショップ

カフェはないですが自動販売機が置いてあります。

ショップでは図録、ポストカード、一筆箋、手ぬぐい、Tシャツなどが売られています。

近隣のこと

清澄庭園が近いです。

徒歩10分ほどのところに東京都現代美術館(2019年3月リニューアルオープン)があります。

外国人向け

展示解説員に英語のできる人がいます。

ホームページはグーグル翻訳で各国語にできます。

深川江戸資料館 基本情報

住所

〒135-0021 東京都江東区白河1-3-28

電話番号

03-3630-8625

開館時間

火~日、第1・3月
9:00~17:00

休館日

第2・4月曜日 ※ただし祝日の場合は開館
年末年始(12/29~1/1)
臨時休館(設備点検・展示替え等)

入館料

一般 400円

深川江戸資料館・中川船番所資料館・芭蕉記念館の三館共通入館券があります(有効期限1年)があります。一般 500円

ぐるっとパスで無料です

アクセス

都営大江戸線/東京メトロ半蔵門線 清澄白河駅(A3出口)から徒歩3分

設備

自動販売機
無料駐車場(6台)
無料ロッカー
障害者用トイレ
オムツ替えシート

Wi-fi

なし

写真撮影


一部不可の場所もあります

ホームページ

https://www.kcf.or.jp/fukagawa/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告