板橋区立郷土資料館 砲術に関連した展示が多め

板橋区立郷土資料館

釣り人の多い公園に接しています

西高島平駅という都営三田線の終着駅から行く板橋区の郷土博物館。

1階が常設展、2階が企画展をおこなうスペース。江戸時代の古民家も併設されていて、中を見学できます。

板橋区の基本的な歴史が学べます。

歴史的な事から、他の郷土博物館に比べて砲術についての展示が比較的豊富なのが特徴。

昔ながらのちょっと暗い博物館です。世田谷や大田と同じで、ちょっともったいない気もする。体験コーナーもあるし、面白いんだけどなあ。

板橋区立郷土資料館 感想

砲術推し!

板橋区立郷土資料館

モルチール砲がお出迎え

常設展は、考古から現代まで、バランスよく展示されてます。

が、その中でも、高島秋帆が板橋宿の地で日本初の洋式砲術の訓練をおこなったという事で、鉄砲関連の展示が充実してました。

砲術訓練をした絵や、砲術についての書物など…鉄砲だけなら、東京の郷土博物館の中でトップなのでは…ついでにいうと、グッズも売ってます。

また行くときには気にしてなかったけども、ちゃんと博物館の建物の外にも砲台が展示してありました。

他にも板橋の歴史がいろいろと

板橋区立郷土資料館

板橋の歴史が展示してあります

展示の熱としては、次点で板橋宿かなー。中山道第一の宿場町。

でも思ったよりも押しが弱かったですね。

品川とは力の入れようが違いました。あっちは完全にメインでしたからね〜。

個人的には、こっちの方をもっと知りたかったなあ。他の宿場とは何か違いがあったんだろうか。

板橋は鷹場であったのでその様子を描いた絵巻があったり、加賀藩の下屋敷があったから関連する展示とか。

掘り下げていけば、きっと面白い内容でした。

縁切榎が庶民には人気だったけど、和宮さんみたいな高貴な人はわざわざ迂回して避けていたというのは面白かったです。

色々な体験ができる!

板橋区立郷土資料館

これは唐箕の体験

夏休みという事で勾玉作り体験をやってました。小学生が挑戦してた。

他にも、古民家で石臼ひいたり(1回10円だった)、唐箕を回したりと、民具を使ってみる事ができます。

体験展示は、体験用の模型や器具がきちんと揃えられてる所もありますが(練馬とか)、ここは実際に使っていた道具を自分も使ってみる、という部分に特色があるかなと。

ぜひ古民家も行ってみて!

板橋区立郷土資料館

博物館に接している古民家

古民家の中で石臼挽き体験やってたりします。

私が行った時は夏という事もあり、蚊帳が吊ってありました。その蚊帳の習俗が書いてあったりして、ここでもちょっとした知識を得られます。

座敷に上がってちょっとひと休みもできます。

また、納屋には農家で使う鍬や千歯こきが置いてあり、その一つひとつに簡単な解説がついてます。

所要時間/滞在時間

じっくり観て、古民家も行って、2時間ちょっと。体験をするとまた時間かかりそう。

サラッとなら20分くらいかな~。

バリアフリー

エレベーター、車いす用のトイレがあります。

乳幼児関係

車いす用トイレの中におむつ替えシートがあります。女子トイレ内にはベビーチェアあり。

体験

企画展に関して、学芸員による展示解説が不定期で行われています。

その他のワークショップや体験に関しては「広報を見てください」とあるので、もしかしたら板橋区民のみを対象にしているのかもしれません(博物館のホームーページでは実施しました、という記事が多いです)。

カフェ・ショップ

図録や砲台のストラップが売られています。

近隣のこと

徒歩5分のところに板橋区立美術館があります。同じ公園内。

外国人向け

日本語のみです。

板橋区立郷土資料館 基本情報

住所

〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-35-25

電話番号

03-5998-0081

開館時間

火~日
9:30~17:00 ※入館は16:30まで

休館日

月曜日(祝日の場合は翌日休館)
年末年始
そのほか展示替え・メンテナンス等の臨時休館あり

入館料

無料

アクセス

都営三田線 西高島平駅(南口)から徒歩13分
東武東上線 成増駅/東京メトロ 有楽町線・副都心線 成増駅から徒歩23分
東武東上線 下赤塚駅/東京メトロ 有楽町線・副都心線 赤塚駅から徒歩25分

西高島平駅から行きました。
南口から出て右手のスロープになっている歩道橋を上がってください。そこまで行くと、折に触れて案内が出てくるので、あまり迷うことはないと思います。

設備

車いす用トイレ
おむつ替えシート(車いす用トイレ内)
ベビーチェア(女子トイレ内)

Wi-fi

なし

写真撮影

ホームページ

http://itabashi-kyoudo-museum.jp/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告