貨幣博物館 日本のお金全般の歴史を学ぶ!

貨幣博物館

入り口

日本銀行の博物館。
お札だけでなく貨幣も含め、古代から現代までのお金について学ぶことができます。
そもそもは個人の貨幣のコレクションから始まって、その後寄贈され日本銀行が管理と研究を担っています。

北区にある「お札と切手の博物館」は主にお札についての博物館で、偽造防止や明治以降のお札について展示されています。

リニューアル前に行ったことがあったけど、リニューアル後は物凄く分かりやすくなってました。あと遊ぶとこ増えてた。

ショップは立ち寄るのマジおすすめ。面白グッズがたくさんあります。

貨幣博物館 レビュー

日本のお金の歴史を集中して学べる

日本最古のお金、富本銭から現代の1万円札まで。
古代・中世・近世・近代・現代までのお金の歴史の展示がメインの施設です。
分かりやすいけど結構お腹いっぱいになるよ!

気をつけて観るポイントが提示されているので、見学するときにメリハリが出て良いです。
例として中世のゾーンで「お金持ちはなんとよばれていた?」「どんな仕事にお金持ちが多かった?」といった問いがあり、展示の中にその答えがあるといった感じ。
ちなみにそれぞれの答えは「有徳人(うとくにん)」「問丸・借上・土倉等」です。

中学生以上なら十分分かりやすいと思います。
とはいえ、たまたま一緒になった修学旅行生は体験コーナーのゲームに夢中でしたが…

旅・信仰など、さまざまな切り口からお金について紹介

お金の材料や、色々なお金にまつわるテーマの展示があります。
旅にまつわるお金や、祈りの場に使われるお金、文学・芸能に関するお金、など。

旅にまつわるお金は、古代から明治時代の旅の資金等について、少しずつですが体系的に展示されています。
昔、旅をするのにいくらかかったか、というのは具体的で面白いですよね。

富くじ(江戸時代の宝くじ)のコーナーでは、富くじを「賭け事の一種」としていて凄くうなずく。だよねー。
知らなかったけど、富くじは元禄期以降たびたび禁止されているんですて。
でも寺社の修繕費としての富くじ発行は寺社奉行の許可を受ければOKという。なんと。
そんなにグレーゾーンな存在だったとは…

重さを感じろ!各種お金を持てる!

大判(大判・小判がザックザク、の大判です)持てます。
千両箱持てます。
1億円持てます。

1億円はお札と切手の博物館でも持てたなあ。
たしか千両箱は大阪の造幣局博物館にもあったような。
お金絡むと持たせたくなるんでしょうかね。
しかし貨幣博物館であればここ一箇所で各種のお金が持てます。

他にも体験コーナーがあるし、小学生高学年くらいからならそこそこ楽しめそうです。

所要時間/滞在時間

じっくり観て2時間半でした。思ったよりも時間かかった…

サラッとなら30分くらいかな。修学旅行生がそんな感じでザーッと観ていきました。

バリアフリー

展示室は2階ですがエレベーターで行けます。
また、2階には多目的トイレがあります。
館内用の車椅子もあるそうです。

乳幼児関係

2階の多目的トイレ内におむつ替えシートとベビーチェアがあります。

体験

広さの割には体験コーナーが結構たくさんあります。ちょっと面白いゲームとか。

写真撮れれば良かったんだけどなあ。

カフェ・ショップ

貨幣博物館

ここは撮影OK
この向かいのショップは行くと面白いよ

お土産を買えるショップがあります。
面白いグッズが多いのでぜひ買っていってほしい。

貨幣の形の貨幣カステラと、お札の柄のプリントされたせんべいを買うと、日本で流通しているお金を網羅できます。
日本銀行でしか買えない、切り裂いたお札の破片が入ったマウスパッドやボールペンもあり、話題性がでかいです。

対面で買いたくない人は、なぜか隣に同じ商品を買える自動販売機があるのでそっちをご利用ください。なぜ自販機が…

近隣のこと

三井記念美術館が近いです。ほぼ隣。

そして三越日本橋本店も近いです。三越デパートの裏にあったのはさっき知りました。両方とも別個に訪れてて地理的に繋がってなかった。

外国人向け

基本的に日本人向けの施設です。解説パネルやキャプションも日本語です。

基本情報

住所

〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町1-3-1(日本銀行分館内)

電話番号

03-3277-3037 (直通)

開館時間

9:30~16:30 ※入館は16:00まで

入館料

無料

入るときに名前や何人で来たかなどを記入します。

休館日

月曜日(祝休日は開館)
年末年始(12/29~1/4)
展示入替等の臨時休館

アクセス

東京メトロ 半蔵門線 三越前駅(B1出口)から徒歩1分 出ると目の前!
東京メトロ 銀座線 三越前駅(A5出口)から徒歩2分

JR 東京駅日本橋口から徒歩8分

私は東京駅から行きましたが、日本橋口が分からず…八重洲北改札を通って隅っこまで歩きました。

設備

コイン返却式ロッカー
多目的トイレ
おむつ替えシート
ベビーチェア
冷水器

Wi-fi

なし

写真撮影

不可

展示室に入る手前、売店の向かいの[貨 幣 博 物 館]と書かれた場所では撮影できます。

ホームページ

https://www.imes.boj.or.jp/cm/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告