建築道具・木組資料館(墨田住宅センター) 道具の迫力!

建築道具・木組資料館(墨田住宅センター)

森下工務店の建物内2階にあります

森下駅からちょっと歩いたところ、住宅街の中にある(株)森下工務店に設置された博物館。
階段で2階に上っていきます。

建築関係の道具、建築で使われる木組みを観る事ができます。
小さな展示スペースに、物がびっしり!物量凄い!

予約制ではなかったので普通に行ったのですが、展示室のシャッターが閉まっていたので、建物外のインターフォンで呼び出して開けてもらいました。

展示スペースはかなりせまく、5人行けばいっぱいになってしまうほど。もしこれ以上の人数で行くような事があれば、電話で確認したほうがいいと思います。

建築道具・木組資料館(墨田住宅センター) 感想

建築道具が本当にいっぱい

建築道具・木組資料館(墨田住宅センター)

道具・木組みがみっちり

もう迫力が凄い!
用途ごとにかなりたくさんの種類の大工道具が並んでいます。圧巻。
これは実際観てほしい。

こんなにたくさんの道具を使って建物を作っていた事を目の当たりにしました。大工さん凄い。

明治~昭和くらいの物だそうです。

今は機械で済むのでほとんどが使われていない道具。
実際に使っていた物を全部まとめて観られるのは本当にありがたいなあ。
どうかこれからも残っていてほしい施設です。

木組みの仕組みも見せてもらえる!

これも建築関連のもの。釘を使わずに木を組み合わせて建物を作る木組み。

円柱を組み合わせるのには凄い技術がいるのだとか。それは確かにそうですね。弧を合わせないといけないわけだから。
そういった木組みも間近で観せてもらえます。

他にも十字蟻組、金輪継手、四方鎌差といった名称がついた木組みもあります。
中がえらい複雑な立体パズルのようになっていてビックリする。

お話も聴けます

館のご主人に道具や木組みについて色々なお話を聴けます。

道具の説明をしてもらったり木組みを分解して観せてもらったり質問に答えてもらったり、親切にしていただきました。

このお話もぜひ聴いてみてください。

所要時間/滞在時間

お話を聴いてじっくり観て30分くらい。

サラッとなら15分くらいでしょうか。

バリアフリー

特にありません。展示室が2階なので見学は厳しいかもしれません。

乳幼児関係

特にありません。

体験

特にありません。

カフェ・ショップ

特にありません。

近隣のこと

折箱博物館 木具輪、江戸表具博物館、金庫と鍵の博物館などが近いですが、開館日が異なっているのと予約のところもあるのでご注意ください。結構予約大変だよ…!

外国人向け

特にありません。

建築道具・木組資料館(墨田住宅センター) 基本情報

住所

〒130-0024 東京都墨田区菊川1-5-3

電話番号

03-3633-0328

開館時間

土曜日、第4日曜日 ※祝祭日を除く
10:00~16:00

休館日

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
日曜日
祝日

入館料

無料

アクセス

都営地下鉄 森下駅から徒歩5分

建築道具・木組資料館は森下工務店の中にあります。

設備

特になし

Wi-fi

なし

写真撮影

ホームページ

http://sumida-3m.tokyo/3m/3m-572/

墨田区小さな博物館のページです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告