相田みつを美術館 相田みつをのことばに触れる

相田みつを美術館

東京国際フォーラムの地下1階です

詩人で書家の相田みつをの作品を展示している美術館。

国際フォーラムの一角で小規模にやっているのかと思っていたら、想像以上にボリュームがありました。(あと、ホームページが最近にしては珍しく簡素でちょっと見づらい事もあって展示もあんまり本気じゃないと思っていました…ごめんなさい)

書や詩の作品はもちろん、相田みつをの肉声が聞けたり、映像があったり、アトリエの再現があったり、ショップ・カフェがあったりと、内容も盛りだくさん。

常設展はなく、1年通して企画展をやっている美術館です。

相田みつを美術館 感想

相田みつをの作品を堪能

多くの日本人にとっておなじみの「にんげんだもの」というフレーズや自由な感じの書体、私も知ってましたが、本人や他の作品については知りませんでした。

“にんげんだもの”のフレーズはいくつかの作品に出てくるんですね、何かの1作品のみだと思ってました。

てか作品をいくつか観て、結構心にささるものがありましたね……自分の駄目なところとか命の儚さとか。がんばろう。
多くの人の”共感”を呼ぶ言葉なんだろうなあ。相田みつをを苦手とする人がいるのもその反動だろうな、と。

作品の一部には息子さんの解説が入っていて、思いなども知る事ができます。

あとは、いわゆる「みつを的」な字ではなく、それに至る前の端正な書も観る事ができました。ザ・楷書!ちょっと物凄く新鮮。

映像・アトリエ再現・愛用品で相田みつを本人を知る

作品に加えて相田みつを関連の映像も観られます。また本人の肉声も聴く事ができます。そういったコーナーが4~5箇所ありました。時間の都合で全部観られなかったのが残念。

アトリエの再現や、ボロボロになった愛用の辞書などの展示もあり、在りし日の作家を思い起こさせます。

ここで知ったのですが、在野で仏教について学んでいたんですね(出家はしていない)。それが作品にも出ているとか。
どこか包容力のある内容や自己反省的な言葉はそこから来ているのかな、と思いました。

「”にんげんだもの”の人」から、ちゃんと「”相田みつを”という詩人」について知るようになりました。これは本当に良かったな。

落ち着く空間

相田みつを美術館

相田みつをが散策した道をイメージした通路

美術館には第1ホールと第2ホールがあって、第1ホールにある展示室と展示室の間の通路は相田みつをが散策した道をイメージして作られています。(その部分は写真撮影も可能)

その通路やカフェは照明が抑えられていて、ゆったりとした気分で過ごせます。飲食は不可ですが、その通路にもちょっとしたいすが設えられていて休めるのです。

国際フォーラム内なので美術館の外の通路は人の往来が激しいのですが、中は静かで落ち着いた空間になっています。



[広告] クリックするとAmazonにとびます。少し元気を出したい時にお手元に。

所要時間/滞在時間

じっくり観て1時間半くらい。作品を観ただけで映像等はサラッと。

サラッとなら20分くらいでしょうか。

映像を全部観たり音声を聴いたりしていると、上記の時間からもっとかかります。

カフェ利用でのんびりしてたら2~3時間は時間つぶせそうです。

バリアフリー

平らなので問題なく観られると思います。「当館はバリアフリーです」と美術館の方でも言い切ってくれてますし。

乳幼児関係

おむつ替えシートや授乳室は美術館の外、東京国際フォーラム内にあります。

体験

相田みつをの息子さんで、美術館館長相田一人さんによる作品解説があります。月に3回ほどで、15:00からで所要時間は15分。それの朝バージョンもあります。

日程はご確認ください。

カフェ・ショップ

カフェのメニューは飲み物とマフィン。軽い休憩をとるのに良いですね。

ショップには相田みつをの言葉の入ったハンカチや財布、ポストカードなどのグッズや書籍が並んでいます。

近隣のこと

出光美術館、三菱一号館美術館が近いです。徒歩5分くらい。

外国人向け

作品には一つひとつ訳がつけられています。

解説等は日本語のみです。

相田みつを美術館 基本情報

住所

〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム地下1階

電話番号

03-6212-3200

開館時間

火~日
10:00~17:30 ※入館は17:00まで

休館日

月曜日 ※祝休日の場合は開館・振替休日はありません

入館料

一般 800円

年間パスポートあり

ぐるっとパスでも入れます

アクセス

JR 有楽町駅(国際フォーラム口)から徒歩3分
JR 東京駅(丸の内南口)から徒歩5分
東京メトロ 日比谷線 日比谷駅・銀座駅から徒歩5分
東京メトロ 千代田線 二重橋前駅から徒歩5分
東京メトロ 丸の内線 東京駅・銀座駅から徒歩5分
東京メトロ 銀座線 銀座駅・京橋駅から徒歩7分
東京メトロ 三田線 日比谷駅から徒歩5分

アクセスはしやすいですね。東京国際フォーラム内にあります。

設備

コイン返却式ロッカー

美術館の外には以下の設備があります。
車いす用トイレ
おむつ替えシート(車いす用トイレ内)
授乳室

Wi-fi

なし

写真撮影

展示室・ショップは不可

展示室を繋ぐ通路等は撮影できます(通路等でも不可の場所にはマークがあります)

ホームページ

http://www.mitsuo.co.jp/museum/index.html

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告