木造建築資料館(墨田住宅センター) 建築道具を自由に観られる

木造建築資料館

外側に展示スペースがあります。

曳舟駅近くの(有)山孝工務店がやっている建築の道具を展示している博物館。墨田区の<小さな博物館>のひとつです。

建物の外側に展示スペースがあり、自由に観られるようになっています。

土曜日に行ったら、完全に閉まっていたので電話して聞いたら「開け忘れていた」という事があったので(開けにきてもらった)、おや?と思ったら確認の電話をしてみるといいかもです。

森下駅近くの建築道具・木組資料館と混同しないようにお気をつけください。

木造建築資料館(墨田住宅センター) 感想

気軽に観られる

<小さな博物館>という事もあり、わりとあっさりとした展示です。建築道具・木組資料館の方が道具の展示品は豊富かな。

なので、どちらかというと向島百花園だとか東武博物館に来たついでにちょっと覗いてみる、というスタンスがいいかもしれません。

外の展示を勝手に観て勝手に帰るという気軽に行けるのがここの良いところ。

大工道具が展示されています

木造建築資料館

昔使っていた大工道具

昔建築に使われていた道具を観ることができます。
特に解説はないので、道具のつくりを眺めるだけになってしまいますが……

道具以外で面白かったのは、木造住宅の各部材の名称を紹介したパネル。こんなにたくさんのパーツからできてたのか…!
今はツーバイフォーで建てる家が多いらしいですが、こういった昔ながらの木造建築の密度もなかなか。

所要時間/滞在時間

じっくり観て10分くらい。

サラッとなら5分くらいだと思います。

あまり解説がないので、時間はかからなかったですね。

バリアフリー

外から観るだけなので特にありません。

乳幼児関係

特にありません。

体験

特にありません。

カフェ・ショップ

特にありません。

近隣のこと

セイコーミュージアムが徒歩5分ほどの所にあります。こちらは要予約。
また、徒歩10分ほどの東向島駅近くに東武博物館があります。

ミュージアム以外では向島百花園に行きやすいです。徒歩5分ほど。

外国人向け

解説は日本語のみです。

木造建築資料館(墨田住宅センター) 基本情報

住所

〒131-0034 東京都墨田区堤通1-7-16

電話番号

03-3612-7724

開館時間

土、第4日曜
10:00〜16:00

休館日

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
第1~3日曜日

入館料

無料

アクセス

東武スカイツリーライン曳舟駅から徒歩8分

東向島駅からも歩けます。10分くらいは歩く印象です。

設備

特になし

Wi-fi

なし

写真撮影

ホームページ

http://visit-sumida.jp/spot/6096/

墨田区観光協会のページです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告