練馬区立石神井公園ふるさと文化館 練馬大根推し!

石神井公園ふるさと文化館

展示の前の3つの台は体験コーナー

練馬区の郷土博物館です。
縄文時代から近現代まで、常設展は無料(※)で学ぶことができます。
※特別展は有料の場合があります。

練馬区特有だなーと思うのは、練馬大根の展示がやたら充実している事と、アニメの展示がある事。
アニメに関しては練馬区が発祥といってもいいですもんね。

展示の中にちょいちょい体験できるコーナーが設けられているのも楽しいです。

ギャラリー等もあり、区民の作品の発表の場にもなっている模様。

今回は写真多めでお送りします。

練馬区立石神井公園ふるさと文化館 レビュー

練馬大根が幅を利かせている!

石神井公園ふるさと文化館

練馬大根がお出迎え

やたらと練馬大根の紹介のエリアが大きかったです。

館内に流れているアニメも、練馬大根のキャラクターが描かれていて(かわいい)、大根推しが痛いほど伝わってきます。
練馬大根は練馬区のアイデンティティーなんだなあ。でもちょっと推しすぎじゃないかなあ。

石神井公園ふるさと文化館

大根のキャラクターが可愛い

練馬はさすがに江戸時代も郊外すぎたので、「江戸のちょっと田舎」みたいな北区・荒川区なんかと違ってがっつり「農村!練馬は農村です!」という紹介でした。潔い。

石神井公園ふるさと文化館

広いよ!練馬大根コーナー

江戸まで大根売って、江戸では下肥を買って農村(練馬)まで持ち帰るというサイクルだったそうですよ。うーん農村。

ちょっと珍しいアニメの展示

石神井公園ふるさと文化館

アニメの撮影台。でかい!

練馬区は日本のアニメ発祥の地で、それにちなんだ展示もあります。

日本初の長編劇場アニメ「白蛇伝」を作った東映動画(現在は東映アニメーション。プリキュアやドラゴンボール制作)と、日本初の30分テレビシリーズ「鉄腕アトム」を作った虫プロダクションは練馬区にあったとの事。

アニメの展示では「狼少年ケン」や「おジャ魔女どれみ」など東映アニメーションの展示が多かったかなあ。
展示数はあまり多くないです。

アニメの撮影台が置いてあり、物凄い威圧感でした。←要するにでかい。

子どもが楽しめそうな体験コーナーが多い

石神井公園ふるさと文化館

これが唐箕だ!

土器パズル、古墳時代のかまどを作ってみる、大根かついでみる、唐箕回してみる、アニメ撮影してみる、などの体験コーナー、触ってみる展示が多かったです。

触れる展示の真横に触っちゃ駄目な物が置いてあったりして、そこは注意しないとですが。

小学生くらいなら色々楽しめるんじゃなかろうか。私は楽しかった。

縄文のかまど作りは置いてある部品を組み合わせるのですが、その部品の中にはフェイクもあるので、ちゃんと構造を理解してないと駄目でした。そういうのも面白い。

そして文京ふるさと歴史館で初めて見て感動した土器パズルは、結構あちこちあるという事が分かりました…私が無知なだけだった。

昭和再現コーナーが雰囲気ばつぐん

石神井公園ふるさと文化館

昭和の住宅の中に入ってパチリ

昭和の町並みを再現したエリアがあります。

お店はまあ外見だけ観るようになっているのですが、一般住宅は中に入ることができます。
黒電話は私もちょっと懐かしい。友達の家にあったなあ。

写真も撮れるので、思い出作りにどうぞ~。

所要時間/滞在時間

常設展のみじっくり観て1時間40分くらい。

企画展はやっていなかったのですが、企画展をじっくり観たら、おそらくもう1時間~1時間半はいたと思います。

同じく常設展のみサラッと観るなら、20分くらいでしょうか。
企画展もザッと観るなら30~40分くらいかなあ。

バリアフリー

スロープもあり、完全にバリアフリーになっています。エレベーター、車いす用トイレもあり。

乳幼児関係

おむつ替えシート、トイレ内ベビーチェア、授乳室があります。結構充実してる!

体験

展示内には、前述の通り小学生くらいなら楽しめる体験コーナーが豊富にあります。

そのほかにも展示解説や講演会、土曜日に開催されるワークショップ(小学生以上が楽しめそう)など、様々なイベントが開催されています。

かなり豊富なので、ホームーページで確認するのがおすすめ。

カフェ・ショップ

11:00~15:30の間はうどん屋がオープンしていて、そこで武蔵野うどんを食べることができます。

ショップでは企画展の図録や、練馬区のキャラクターねり丸のクリアファイルやキーホルダーが売られています。

近隣のこと

徒歩10分くらいの場所に練馬区立石神井公園ふるさと文化館・分室があります。

また、曼荼羅美術館に複製がある壁画が歩いて5分の三宝寺・地蔵堂にあります。入り組んだ道を行く感じでちょっと分かりづらいですが…

外国人向け

パンフレットは英語・中国語・韓国語版があります。
解説・キャプション等は日本語のみです。

大根愛を知ってほしいけどなあ。

基本情報

住所

〒177-0041 東京都練馬区石神井町5-12-16

電話番号

03-3996-4060

開館時間

9:00~18:00

入館料

常設展は無料

特別展はその展示会によります。

休館日

月曜日 ※祝日のときは翌日
年末年始(12/29~1/3)
臨時休館日

アクセス

西武池袋線 石神井公園駅(中央口)から徒歩15分

行く途中に石神井公園があるので、散歩がてら行けます。

設備

コイン返却式ロッカー(ちょっと大き目のものもあり)
授乳室
車いす用トイレ
おむつ替えシート(車いすトイレ内)
ベビーチェア(車いすトイレ内、1階女子トイレ内)
冷水器

Wi-fi

なし

写真撮影

常設展は一部を除き可

駄目なところは明示されています。

ホームページ

https://www.neribun.or.jp/furusato.html

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告