城西大学 水田記念博物館大石化石ギャラリー 化石だらけ!

城西大学 水田記念博物館大石化石ギャラリー

はるか昔の年表を眺めつつギャラリーへ

永田町・麹町・半蔵門駅から歩いてすぐの城西大学内にある化石を展示しているギャラリー。

主に植物、魚類の化石が多いです。恐竜のような派手なものはあまりないですが、なかなかに化石ばかりを観る機会もないのでおすすめです。

現在とは全く違った形をした魚もいて、生物の多様性を考えさせられます…というのは言いすぎで、ひたすら面白かったです。

ホームページは土・祝はお昼休みありとありますが、平日でも時々お昼休みがあるのでご注意ください。

水田記念博物館大石化石ギャラリー 感想

とにかく化石が観られる

城西大学 水田記念博物館大石化石ギャラリー

化石、化石、化石……

ここは、とにかくこのひと言につきます。

ひたすら化石に浸る!化石を観たければここに行けば間違いなし!

植物、魚、爬虫類など。一応は恐竜(?キャプションには翼竜とあった)もあったかな。
でも特に魚の化石が並んでいる様子は圧巻。シーラカンスがたっぷりあります。

キャプションには時代と分類、産出地が書いてあるのみで、詳しい解説は一部の生物にしかついておらず、絶滅してしまった生き物たちがどういった生態をしていたのかはよく分かりませんでした。1つひとつ書いていてくれたらもっと楽しかったのになあ。

あと化石の調査方法。解説によるとCTスキャンなんかも使ってるみたいですが、どんな風に研究しているのかすごく興味があります。

やさしく触れる化石も

城西大学 水田記念博物館大石化石ギャラリー

やさしくさわれるワニの化石

あります。

特に複製とは書いてませんでしたが、きっと複製と思います。さすがに本物触らせてはくれないよな~。

どちらにせよ化石に触るなんてそう出来ることではないので、体験してみてほしいです。

古生代に思いを馳せる

城西大学 水田記念博物館大石化石ギャラリー

ほんとにこのイラストまんまの形の化石が近くに展示されてます

多くはないですが、解説もあって古生代~中生代の生き物について知ることができます。

非常に奇妙な形が化石として残っているベラントセアという魚、上下の歯が互い違いになっていて魚を食べていたであろう翼竜のアンハングエラ等、聞いたこともない生物について解説によって少しだけ知ることができます。

こういった古く絶滅した生き物のについての知識が得られるのは面白いですねえ。恐竜とはまた別の面白さがあります。
繰り返しになりますが、もっとたくさんの生物の情報があればもっと楽しかったなあ。

生き物以外でも、メソサウルスという淡水の水棲爬虫類の化石が南米大陸とアフリカ大陸の同じ時代の地層から見つかったことにより、大昔(大雑把なくくり)は南米とアフリカは同じ大陸だったことが物理的に証明された(淡水に住む生き物なので海を渡ったとは考えにくい、という理論)とか。化石のダイナミックなロマンがありますね。

もちろん、そのメソサウルスの化石の展示もあります。見た目小ちゃな恐竜って感じ。

ちなみに古生代は約5億4200万から約2億5100万年前(はっきりとは定義できない模様)、中生代は約2億5217万年前から約6600万年前でほぼ恐竜の時代、さらに新生代(約6,500万年前から現代)と続きます。
地質時代の区分。気が遠くなりますね……

こちらもどうぞ

国立科学博物館 地球や生物、物理学などの科学をがっつり学べる
生物や天文など科学全般について学べる博物館。恐竜の展示も迫力がありおすすめです。

科学を学ぶならここ!

板橋区立教育科学館 科学を面白く感じるコーナーがたくさん
上板橋駅から5分ほどの所にある公立の科学館。無料で、蝶やカブトムシの標本や、科学の体験コーナーで遊びながら学ぶ事ができます。プラネタリウムもありますが、こちらは有料。

恐竜の化石があります。

所要時間/滞在時間

じっくり観て40分くらい。サラッとなら10分くらいかなと思います。

バリアフリー

中は段差はありません。設備も特にはないですね。

乳幼児関係

特にありません。

体験

夏に小中学生向けのワークショップが開催されます。小学校低学年から参加可能。事前申込制で材料費がかかります。
このワークショップに参加したらしいちびっ子がこないだの夏休み子ども科学電話相談に出てきてました。城西大学ときいてちょっとニヤリとなりました笑

年齢不問の予約制でのワークショップもあるのですが、夏休みワークショップがある関係で開催していないようです。

カフェ・ショップ

ポストカード、クリアファイル、化石折り紙(!)、化石の複製が売っています。

城西大学内にある学食は、大学の受付で入館証をもらうと入ることができます。結構近隣の会社からも来てるみたい。

近隣のこと

伊勢型紙美術館 紀尾井アートギャラリー(要予約)、国立劇場伝統芸能情報館、国立劇場演芸資料展示室、日本カメラ博物館等があります。

外国人向け

解説、キャプションには英語が併記されています。ホームページも英語版あり。

水田記念博物館大石化石ギャラリー 基本情報

住所

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-3-20
学校法人城西大学 東京紀尾井町キャンパス3号棟地下1階

電話番号

03-6238-8412
化石ギャラリー受付の番号です

開館時間

11:00~17:00 ※土・祝日は11:30~12:30にお昼休み(平日も休みの場合あり)

休館日

日曜日
展示準備期間
夏期休暇
年末年始

入館料

無料

アクセス

東京メトロ南北線 永田町駅(9a出口)/半蔵門線・有楽町線 永田町駅(9b出口)から徒歩5分
東京メトロ有楽町線 麹町駅(1出口)から徒歩5分
東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅(1出口)から徒歩5分

城西大学の中を通り抜けていきます

設備

特になし

Wi-fi

なし

写真撮影

ホームページ

http://www.josai.jp/fossil_gallery/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告