大田区立郷土博物館 郷土博物館の中で考古系資料がダントツ豊富

大田区立郷土博物館

考古学推し

大田区の郷土博物館です。

郷土博物館というと、その地域の歴史を順番に、なおかつバランスよく取り上げている所が多いです。

が、ここは大いに偏ってます。良くも悪くも。

良い面は、土器などの考古資料やその解説が豊富。考古学ラブの施設。いいぞもっとやれ。

馬込文士村の展示についてもまとまっています。いろいろな作家のことを知れる。

反面、悪い面は、それ以外がまとまってない。これに尽きますかね…

考古学を極めたい人は大田区郷土博物館に来るといいよ!

大田区立郷土博物館 レビュー

考古学の展示が随一!

大田区立郷土博物館

土器が並びます

日本の考古学発祥とされる大森貝塚が近いからか、とにかく縄文・弥生・古墳時代の考古遺物の展示が多いです。

郷土博物館の中では一番だと思う。考古学に全てをかけてる。

大田区内の遺跡とその出土品が解説と共に並んでいます。

その解説がまた本当に丁寧でなかなか全部読めるような代物じゃないんだこれが。郷土愛あふれる解説パネルです笑

大田区立郷土博物館

丁寧な土器の作り方

縄文土器の作り方も丁寧に紹介されていました。ついでに言えば土器作りの体験もあるようです。

また、右利きの人が作った土器か、左利きの人が作った土器かの考察もあったりして、他の郷土博

物館では観られなかった展示がたくさんあります。

現代の食卓が数千年後土から出てくるとしたら、どんな形になっているか?といった子どもも分かりやすい説明もありました。

縄文時代・弥生時代・古墳時代のことを知るなら、この博物館に来るのが一番かと。おすすめです!

馬込文士村の作家たちの展示が豊富

作家・学者たちが住んでいた一帯を馬込文士村と言うそうです。

その作家・学者の品々を集めたコーナーがあります。ここは撮影不可。

原稿、愛用の品、出版された書籍などなどが展示されていて、作家の解説パネルと共に思いをはせられるようになっています。

馬込文士村資料展示室で展示されていたものを、もっと多く丁寧に紹介している感じかな。

何人もの紹介をしているので、一人ひとりの展示は少なめです。

ここでも展示されていた尾崎士郎の本や愛用品は、尾崎士郎記念館にもいくつかあります。

知らない作家を知る(作品的にも人間的にも)きっかけにもなるので、ここは結構面白いと思いました。

一方でなんだかとっちらかってる印象も…

大田区立郷土博物館

「ものづくり」というくくりと言えなくも無いけども

このように、考古学・文士村はまとまった展示なのですが、他の展示がいまいちバラバラな感じがしてしまいます。

上記二つの展示が観やすいのでよけいに「とっちらかってる感」が強い。

羽田空港の展示スペースの横に、大森のわら細工の展示があったり…羽田は近代(しかもだいぶ現代に近い)なのに、わら細工が栄えたのは江戸時代。

さらには横に町工場の展示があり、もう少し進むと江戸~昭和前期まで盛んだった海苔作りの紹介と…

「流れ」があんまり感じられなくて、頭が混乱しました。

考古(土器類)→中世(板碑)→近世(大森細工、海苔作り、多摩川治水)→近現代(引き続き多摩川治水、羽田空港、町工場)ていう風に観たかったなあ。

特に江戸は、ちょうど東海道の道のそばなんだし、まとまった展示ができそうなのに。

館の雰囲気は世田谷区の郷土資料館に似てます。

昔ながらの暗い建物で、あんまり体験展示はおこなっていないような。

体験展示はないけども、分かりやすく説明しようという心意気は伝わってきます。特に考古学分野。

あと解説のフォントに、ポップ体がふんだんに使われてます。

また、ここでは、かわりにワークショップが開催されていて、大田区にかかわりの深い、わら細工のような物を作ることができます。

ただ、雰囲気が怖いので、そこは損してるのかなーという気はするなあ。でもこれ昔ながらの博物館全体の話しでもあるよなあ~。

所要時間/滞在時間

じっくり観て2時間くらい。

とはいえ、考古学の大田区内の遺跡の紹介パネルを全部読んでいたらもっと時間かかります。

サラッとなら25分くらいかなと。

バリアフリー

エレベーターもあり、2階には車いす用トイレもあるので、問題なく行けると思います。

乳幼児関係

2階の車いす用トイレ内におむつ替えシートがあります。

また、年に数回「赤ちゃんと一緒に博物館へ」という0~2歳児と保護者を対象にしたガイドツアーがあります。行ってみたいなあ。

体験

月に1回、多きときは3回ほど、体験講座やガイドツアーがあります。

子ども向けや大人向けがあるので、ホームページでご確認ください。

カフェ・ショップ

ショップには、博物館の図録、ポストカード、他にも大田区ならではのちょっとしたわら細工の工作キットが置いてあります。

近隣のこと

歩いて5分ほどの所に大田区立熊谷恒子記念館があります。

外国人向け

日本語のみです。

パンフレットは英語版・中国語版(簡体字)・韓国語版があります。

大田区立郷土博物館 基本情報

住所

〒143-0025 東京都大田区南馬込5-11-13

電話番号

03-3777-1070

開館時間

火~日
9:00~17:00

入館料

無料

休館日

毎週月曜日 ※祝日は開館
年末年始(12/29~1/3)
そのほか臨時休館あり

アクセス

都営地下鉄浅草線 西馬込駅(西口)から徒歩7分

私はJR 大森駅(中央口)から歩きました。徒歩20分くらい。

設備

駐車場
車いす用トイレ
おむつ替えシート(車いす用トイレ内)

Wi-fi

大田区のフリーWi-Fiあり

メールアドレスを登録して使います。

写真撮影

ただし馬込文士村の展示は撮影不可です。

ホームページ

https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/manabu/hakubutsukan/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告