郵政博物館 郵便の歴史を知る

郵政博物館

中は思ったよりも広かったです

東京スカイツリーのお膝元、東京ソラマチ9階にある郵便関係の展示がある博物館。

「郵政」とちょっと硬い響きがある言葉ですが、中は大人から子どもまで楽しめる施設です。

模型や切手など視覚的に楽しめる展示が多いですね。
体験コーナーもあり、シアターもありで結構もりだくさんです。

常設展は郵便、企画展・特別展はもう少し幅広いテーマの展示をおこなっています。

ショップでは手紙関連の商品が売られていて、ミュージアム内から郵便を出すこともできます。

郵政博物館 感想

郵便の歴史を学べます

郵政博物館

実際に使われていた郵便カウンター

明治以降の郵便の歴史を学べます。キャプションの解説が豊富。

明治時代に置かれたポストや、制服、郵便配達のミニカーなどが展示されていて、視覚的に分かって楽しかったです。
ミニカー、昔の車はかわいかったなあ。

昭和初期から昭和63年まで郵便局で実際に使われていた窓口カウンターなんてのもあり。歴史を感じます。

長崎の原爆投下を知らせる葉書などもあって、「郵便」という切り口からその背後にある歴史を見る事もできました。

また、世界の郵便について分かる展示も少しあります。
ヨーロッパでは郵便に関する乗り物は黄色が主流で、ポストなど郵政のイメージカラーとして採用されたとか。

世界の切手を観られる!

日本はもちろん、アジア・ヨーロッパ・アフリカ・アメリカ・オーストラリアなど、世界中で発行された切手を観ることができます。

アフリカのカーボヴェルデ共和国とかヨーロッパのアンドラ公国とか、私の知らない国の切手やソビエト連邦の切手も。北朝鮮のもありましたね。

バチカン市国の切手はさすがにキリスト教関連の図柄が多かったです。聖人とか。

面白い体験コーナーもあります

郵便配達をする体験コーナーが面白かったです。これは楽しい。
いくつかのコースを選んで制限時間内に映像内で手紙を届けるという内容。

映像を観ながらいすに座り、身体を傾けて映像中のバイクを操縦するようになっていて、地味に難しかったです。安全運転しないと減点されるし。

休みの時は混んで大変そう。

説明が分かりづらいのは承知なのですが、撮った写真を見てもテレビの前にいすが置いてあるだけの意味不明なものなので、これはもう実際に行ってみてください。

郵政博物館

その名も「ゆうちょ・かんぽアドベンチャー」!

また、かんぽの紹介コーナーでは、「ゆうちょかんぽアドベンチャー」なるシミュレーション?ゲームができます。
ジャンプしてお金(コイン)を集めるのはマリオみたいでした。
お金を手に入れたら貯金をしたり保険に入ったりして、人生のゴールを目指していきます。

これも地味に面白かったです。

特別展「錦絵-東京浪漫(ろまん)展」を観ました

郵政博物館

一部を除き撮影可能でした

奥の方の部屋では企画展・特別展を開催していて、通常の入館料で入ることができます。

私が行ったときは明治時代の東京を描いた錦絵を一挙展示していました。
明治時代の浮世絵も、江戸時代のそれと同じように当時の風俗が分かるので観ていて面白いです。

それでちょっと面白かったのが、郵便配達の人がちょいちょい描きこまれてるんですね。
解説のキャプションにその事が指摘されていて、意外にその数が多いことに気づきます。
郵便屋さんは当時の暮らしに溶け込んでたんですねえ。

所要時間/滞在時間

じっくり観て2時間くらい。シアター観てたらもっと時間かかってましたね。

サラッとなら30分くらいかなと思います。

バリアフリー

段差もないので問題なく観られると思います。車いす用トイレは施設の外にあります。

乳幼児関係

上記車いす用トイレ内におむつ替えシートがあります。

他にもソラマチ内にベビールームがあり、調乳用のお湯や電子レンジが使えます。

体験

大人向けには企画展関連の講演会が開催されています。

子どもも参加できるワークショップもあります。

カフェ・ショップ

ショップではポストカード、一筆箋など「郵便」に関するグッズが豊富です。ポスト型の貯金箱なども。

近隣のこと

ミュージアム関連では、屏風博物館が徒歩5分ほど、たばこと塩の博物館が徒歩10分ほどの場所にあります。

ソラマチ5階には、墨田区の伝統工芸品を集めた「すみだ まち処」があります。<小さな博物館>をやっている職人さんたちの工芸品が置いてあります。

あとはなんといってもスカイツリー!

外国人向け

一部の解説に英語併記はありますが、基本的には日本語のみです。

郵政博物館 基本情報

住所

〒131-8139 東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ9階

電話番号

03-6240-4311

開館時間

10:00分~17:30 ※入館は17:00まで

休館日

不定休

ホームページに予定が書かれているので参考にしてください。

入館料

一般 300円

アクセス

東京メトロ半蔵門線/都営浅草線/京成押上線/東武スカイツリーライン押上駅・東武スカイツリーライン とうきょうスカイツリー駅からすぐ

ソラマチのイーストヤード12番地のエレベーターまたはエスカレーターで8階まで上がり、8-10Fライフ&カルチャー用エレベーターに乗り換え

ソラマチ東側なので、とうきょうスカイツリー駅より押上駅の方が行きやすいです。

エレベーターは変なところで乗ると9階に行きつけなくて迷います……(経験済み)

設備

コイン返却式ロッカー
車いす用トイレ
おむつ替えシート(車いす用トイレ内)

Wi-fi

なし

写真撮影

世界の切手の展示など一部を除き可

ホームページ

http://www.postalmuseum.jp/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告