リスーピア 理数の世界をゲーム感覚で学ぶ

リスーピア

有料のディスカバリーゾーン

名前の通り理数系の展示を行なっている博物館です。

学校で習うような理数分野を、体験展示を通して学べます。
体験展示は即ちゲームなので、小学生や中高生がかなりはまっていて混雑していました。
実際に学校で数学などを習っている中学生が1番響くのでしょうが、ゲームが楽しいので小学生もたくさんいました。
さらには幼児も原理は分からずとも楽しんでいる光景を見たので、4〜5歳から大人まで楽しめると思います。

素晴らしい施設ですが、ネックは体験展示が混んでいると待たなければならない点。
そこで今回はちょっとした攻略法も書いてみました。

ちなみに、リスーピアの公式サイトでは動画で内部を紹介しているので、雰囲気を知りたい人は参考になさってください。

有料ゾーンはあまり広くはないですね。無料ゾーンと合わせて楽しむとより満足度が上がると思います。

リスーピア 感想

体験展示のみで楽しい!

リスーピア

ほぼ体験展示のみ!

ここは体験と学びがセットになっています。
体験(ゲーム)をしつつ理論を学ぶ、という感じ。
これがかなり面白い。

素数、二次方程式、エネルギー、確率…さまざまな理数な体験ができます。
しかも体験できるゲームが夢中になってしまいがちな内容。

最初に端末を渡されて、それぞれの体験にまつわる解説を読むとその端末内がアップデートしていくという、こちらもチャレンジ精神をくすぐられます。
解説自体も分かりやすいので、きちんと読む事をおすすめします。
理科系の博物館の中では圧倒的に垢抜けてる笑

リスーピア

これは素数ゲーム。1人用・2人用とあるのがにくい

近くにある日本科学未来館やソニーエクスプローラサイエンスよりも教科書に出てくる内容が多いです。
あー習ったなーという気になる事もしばしば。
理数系の内容に苦手意識のある人そこ行ってほしいところ。
個人的には二進法等々の展示も欲しいな〜。できないかな〜。

混むとしんどいかも…おすすめの周り方は

リスーピア

人気だったなあ

これがなあ…もはやどうしようもないのですが、スムーズに遊べるかがここの満足度のカギです。

朝一番で行くのが安全です。
昼過ぎに行っても空いているか分からないので、10:00に入ってしまうのがおすすめ。

で、最初に行きたいのが、ビッグタングラムといういわばシルエットパズル。
これに限らず基本的に体験はひと組しかできません。が、中でも1回につき5分ほどかかるこのパズルを待つとなるとちょっとつらい。
待ってる人皆でやるという雰囲気ならいいのですが、私が行った時は1グループずつやってたので、結構待つ事になります。

後は、位置エネルギーと運動エネルギーの体験も時間がかかるので、こちらも人のいない内にやっておくのがいいかも。
ただしこちらはあんまり待たない印象。途中でやめてる人もいたし。

それと3Dシアターはギリギリに行くと入れない可能性もあります。
シアターの内容は時間ごとに異なるので観たいものをチェックしておくのがいいでしょう。

混雑は時期的なものもあるので、平日も修学旅行(6月、11月)や遠足の時期は避けた方が良さそうです。

無料ゾーンも面白いよ

リスーピア

これは2階の無料ゾーンの展示

上で書いたのは有料ゾーンの話ですが、実は無料ゾーンでも結構楽しめたりします。

同じく理数系の展示がある2階の部分。
装置がいくつか置いてあり、こちらも自分で動かしたり予想したりして楽しむ事ができます。
高さの違う坂道があり、同時に球を転がしたらどの高さから転がした球が1番速く下につくか、とか。

それぞれの装置に分かりやすい解説がついていて、ここだけでも勉強になります。

また3階のディスカバリーラボでは、パズルが置いてあり、自由に遊べます。
有料ゾーンで人気のタングラムの本もあるので、こちらも合わせてどうぞ。

所要時間/滞在時間

有料ゾーンの解説をじっくり観て1時間くらい。とはいえシアターは観ず、体験はほとんどやらず(人が多かった)、無料ゾーンもあまり観(られ)なかったので、全部堪能するとなるともっと時間がかかると思います。

サラッとなら30分くらいかなあ?全然体験をしないならば本当に10分もかからず終わってしまいそう。

公式サイトでは60分~90分。整理券で入る場合は60分となっています。

バリアフリー

中は段差はありません。車いす用トイレもあり。

乳幼児関係

おむつ替えシートが車いす用トイレ内に設置されています。ベビーチェアは女子トイレ内にあります。
リスーピア内ではなく、同じ建物(パナソニックセンター東京)の中には授乳室もあります。

体験

小学生向けの科学ワークショップや、サイエンスショーなどを行なっています。

事前申し込み制のものも多いので、まずはホームページでご確認ください。

カフェ・ショップ

同じ建物の2階にカフェがあり、スパゲッティなど軽食がとれます。
建物の外にもサイゼリヤなどがあるので食べるには困りません。コンビニで買って周囲の広々としたところで食べるもよし。

近隣のこと

有明駅方面に行くと、そなエリアがあります。
逆方面に行けば、東京都水の科学館、東京都虹の下水道館があります。

国際展示場駅周辺は意外に色々な博物館があるんですよね。しかもほとんど無料という。

外国人向け

展示には英語が併記されています。ホームページも英語あり。

基本情報

住所

〒135-0063 東京都江東区有明3-5-1

電話番号

03-3599-2600

開館時間

火~日
10:00~18:00

休館日

月曜日
年末年始
そのほか臨時休館あり
Panasonicのショウルームであるパナソニックセンター東京のお休みの日は、こちらも同じく休館になります

入館料

2階
無料

3階ディスカバリーフィールド
一般 500円

半年パスポートがあり、それは一般1,500円です

ぐるっとパスも使えて無料で入れます。

日本科学未来館、科学技術館、がすてなーにの友の会などの各種会員は割引になります

アクセス

りんかい線 国際展示場駅から徒歩2分
新交通ゆりかもめ 有明駅から徒歩3分

建物には大きなPanasonicのロゴがついているのであまり迷わないでしょう

設備

無料ロッカー
冷水機
車いす用トイレ
おむつ替えシート(車いす用トイレ内)
ベビーチェア(女子トイレ内)

Wi-fi

なし

写真撮影

ホームページ

https://www.panasonic.com/jp/corporate/center/tokyo/risupia.html

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告