山王草堂記念館 徳富蘇峰ゆかりの記念館

山王草堂記念館

建物内に書斎が復元されてます(左側)

日本で最初の総合雑誌を創刊し、近世(安土桃山~明治)以降の歴史をまとめた『近世日本国民史』を執筆した徳富蘇峰<とくとみそほう>の記念館。

徳富蘇峰の居宅の2階にあった書斎を復元し公開しています。
ゆかりの品々も展示しています。

徳富蘇峰…日本近代史を習った人じゃないと、あんまり馴染みがない人物じゃないかな。
私もここに来るまで、イマイチ何をした人なのかぼんやりしてました。
若い頃の顔がかっこいいといういらん知識しか持ってなかった。

あ、どっちかというと作家の徳富蘆花の方がまだ通りがいいのかな。芦花公園あるし。
徳富蘆花の兄が徳富蘇峰です。
山王草堂記念館のある公園も蘇峰公園て名前ではあるけど、地元以外に浸透してるかな…

山王草堂記念館 レビュー

徳富蘇峰の書斎を復元

山王草堂記念館

書斎復元です

徳富蘇峰は、大田区大森三王に大正13(1924)年から昭和18(1943)年まで住んでいました。
その縁で記念館があるんですね。

記念館の建物内に、徳富蘇峰の住んでいた家の2階の書斎部分だけを復元して公開しています。
もう家自体は残ってなかったのかな、一部の復元でも観られるのは嬉しいけども、ちょっと残念な気はする。
練馬区大泉の牧野富太郎の書斎も家全部じゃなくてそれだけの展示だったなあ。
なかなか全部残すのは難しいですね。

完全な屋内なので、雨風日差し蚊に悩まされないのは本当に嬉しい。

結構暗くて、なかなか写真に撮るのは大変でした。

徳富蘇峰と関わった人々の物が観られる

山王草堂記念館

壁面に徳富蘇峰宛の手紙や葉書が飾られてます

徳富蘇峰、雑誌や新聞を創刊したり歴史書を書いたりと、様々な事をしていたからか、とにかく交友関係が幅広いです。

政治家は伊藤博文や板垣退助など、文化人は与謝野晶子や齋藤茂吉や中村吉右衛門など、他にも画家・編集者…分野問わずの交流があったみたい。

そういった面々からの手紙がバーッと展示されていて圧巻。
勝海舟や新島襄の書もあったなあ。
「この人知ってる、あ、この人も」という感覚で観ると面白いと思います。

展示物は複製でない、本物が多い

山王草堂記念館

ちなみに徳富蘇峰の若い頃

結構ざっくばらんに本物の資料が置いてあります。
色々な人の直筆が観られるのはいいなあ。

徳富蘇峰の書いた『吉田松陰』の本に、松蔭の教え子の野村靖が批評を書き込んだものの展示もありました。
こういうやり取りが物を通して垣間見られるの面白い。
ちなみに、何を書いてあるかは分かりませんでした…

蘇峰公園でひと休み

緑がいっぱいの公園です。

ベンチもあるので休めます。
記念館ではいすが無い(スタンプ台のある机の前に1つあるのみ…)ので、公園のベンチは貴重!

夏は木陰もあって気持ちいいんですが、蚊はいましたね…

所要時間/滞在時間

じっくり観て1時間弱。

サラッとなら15分くらいかなあと。

バリアフリー

車いすでも入れるようになっています。車いす用トイレ、障害者用駐車場もあり。

乳幼児関係

特になし。

体験

特になし。

リニューアル予定で、それにあわせて展示解説を行うらしいのですが、色々未定。

カフェ・ショップ

特になし。

近隣のこと

尾崎士郎記念館が近いです。カタルパの小径のある公園入口からすぐ。

私気付かずにグルーッと周っちゃったんだよなあ。

外国人向け

日本語のみです。

基本情報

住所

〒143-0023 東京都大田区山王1-41-21

電話番号

03-3778-1039

開館時間

9:00~16:30 ※入館は16:00まで

入館料

無料

休館日

年末年始(12/29~1/3)
臨時休館

アクセス

JR大森駅(西口)から徒歩15分

設備

障害者用駐車場
車いす用トイレ

Wi-fi

なし

写真撮影

ホームページ

http://www.ota-bunka.or.jp/facilities/sanno/tabid/237/Default.aspx

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告