泉屋博古館分館 住友家蒐集の美術品を展示

泉屋博古館分館

今回は写真少なめです

六本木一丁目からすぐの場所にある、財閥・住友家のコレクションの美術品を主に展示している美術館です。読みは「せんおくはくこかん」
東京は分館で、もともとの泉屋博古館は京都にあり、こちらでも展示を行なっています。

常設展はなく、特別展などを年中開催しています。見る感じ特別展とコレクション展があるようです。(明記されてないっぽいけど展覧会に「特別展」てついてないのがコレクション展な気がする)
私が観に行ったのは特別展ですが、収蔵品も重要文化財があるのでコレクション展も行ってみたいですね。

あまり大きい美術館ではなく(メインの展示室が2つ)、椅子も多めでゆっくりと観ることができます。

展示の渋さからか多くが観ている人のほとんどが高齢の方でしたね。

泉屋博古館分館 感想

特別展「狩野芳崖と四天王」に行ってきました

特別展で、様々なところから資料を借りてましたね。
好きな絵画は作品名などをメモを取っているのですが、こういう場合はおいそれと観に行けないのでなかなか残念な気もします。
特に今回「個人蔵」が多かったので。もうその物とは一期一会ですね。

狩野芳崖の「柳下放牛図」は墨の濃淡を使った描写といい牛のコミカルさといいなんか好きでした。近くで観ていた人によるとこれは有名な絵らしいです。

そして橋本雅邦の「月夜山水」も良かったなあ。

あとそうだ、美術や歴史の教科書や資料集に掲載されている狩野芳崖の有名な「悲母観音」は後期展示で私は観られませんでした。しまった~。

狩野芳崖とのつながりある画家の作品が観られる

狩野芳崖四天王の他、芳崖と同時代の画家、そして狩野芳崖も目指した近代日本画の革新についても展示がありました。

狩野芳崖、そして同時代の画家である橋本雅邦がフェノロサと出会った頃の作品が第1章。芳崖四天王の作品展示が第2章、そして芳崖を離れて橋本雅邦の流れをくむ近代日本画の発展についての展示が第3章でした。

どれも芳崖を中心に流れがあり、展示を通して、彼らのつながりや日本画の歴史を垣間見る事ができました。

四天王は芳崖の弟子で、「悲母観音」の模写(結構依頼されていたらしい)や、芳崖の絵画の視点に影響された作例などが紹介されていました。

ただ四天王と言っても、それぞれの個性があって観ていて面白かったです。

高屋肖哲の「千児観音図 下絵」は初めて観る感じの絵でした(特に明治以前の絵画において)。中心の観音様をめっちゃたくさんの赤子が仰ぎ見ているというなんとも言えない迫力のある絵です。
会場で始めて観てなんじゃこりゃと驚いたのですが、実は公式サイトの特別展チラシにその絵があるので、ちょっと観てみてください。そして本物を観に行くと良いです。

近代日本画の流れを観る

第3章は、日本の美術史といった感じ。狩野芳崖・橋本雅邦の時代から、近代日本画の主流になったのは橋本雅邦の門下の画家たちだったといいます。

個人的には……言いづらいですが…絵の好みはオマケ的に第3章で紹介されていた絵が好きなのが多かったですね……

彼らの作り出した「朦朧体」(主線がなく、色彩で表現する)が好みでした。

菱田春草の「四季山水」(この絵の空気感がすごく好きで、この展覧会で一番気にかかった作品でした)とか横山大観の「夕立」とか。好きでしたね~。

所要時間/滞在時間

じっくり観て1時間ちょっと。

サラッとなら20分くらいかなと。

バリアフリー

展示室は平らなので問題なく観られるかと思います。障害者用トイレもあります。

乳幼児関係

特にありません。

体験

ギャラリートークが開催されています。他にもワークショップ(ものによっては10歳から参加できる子ども向けも)やコンサートなども。

カフェ・ショップ

カフェはないですが、緑茶・ほうじ茶・玄米茶・水・シークワーサー果汁入りの水を選べる給茶機があります。

ショップではポストカード、クリアファイル、本等が売られています。

近隣のこと

近くに菊池寛実記念 智美術館、外交史料館などがあります。

外国人向け

キャプションにあるタイトルや作者等は英語がありましたが、詳しい展示解説は日本語のみでした。

ホームページは英語版があります。

泉屋博古館分館 基本情報

住所

〒106-0032 東京都港区六本木1-5-1

電話番号

03-5777-8600
ハローダイヤルです

開館時間

火~日
10:00~17:00 ※入館は16:30まで
※企画により変更の可能性あり

休館日

月曜日 ※ただし、月曜日が祝日の場合は開館し、翌お休み
年末年始
展示替え期間

入館料

一般 800円

ぐるっとパスで割引になります

アクセス

東京メトロ南北線 六本木一丁目駅からエスカレーターを登ってすぐ

設備

給茶機
無料ロッカー
障害者用トイレ

Wi-fi

なし

写真撮影

不可

ホームページ

https://www.sen-oku.or.jp/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告