千秋文庫 秋田佐竹家の資料が観られる

千秋文庫

内堀通り沿いです

江戸時代、秋田のお殿様である佐竹氏の宝物が観られる博物館。
現在(2018年)の秋田県知事の佐竹敬久さんは佐竹家の末裔だそうですね。ねこ好き知事~

佐竹家の持っている史料をまとめて観られるのは東京ではここだけです。

常設展はなく、秋田・佐竹家に関する企画展を年に3回行なっています。

千秋文庫 感想

渋い佐竹家の史料と華やかな名所江戸百景

お宝といってもなかなかに渋い資料が並びます。
東京にいながら江戸ではない地方の秋田藩の歴史や文化を学ぶにはもってこいの場所。もうほんと渋いんですが……

佐竹の殿様の絵も飾ってあったりもします。

殿様の印章が並んでいるところがあって、デザインが色々でちょっと楽しかったです。

あとはなぜか歌川広重の「名所江戸百景」が置いてあります。
まあ秋田藩も江戸に屋敷を持っていたわけで、まったく無縁というわけではないですが、ちょっと不思議でした。

「模写絵と茶道」に行きました

千秋文庫

ここは撮影できました

狩野正信や英一蝶、久隅守景、雪舟らの絵を模写した絵を展示していました。
いろいろな絵師の名前が登場するので、佐竹家のその当時の文化度がわかって興味深かったです。

迫力が凄かったのが、入口に入って左の「宇治橋之図」すごい。でかい。
「波に鯉」も大きい絵で力強い筆致に圧倒されました。
かわいかったのは狩野正信の「蓮ニ燕」。
筆者不明・模者不明の絵もあったりします。とにかく色々な絵を模写したんだろうなあ。

茶道パートは文字の史料が中心。
ただし、それらの史料の解説がほぼなかったので、どういう性格のものかは分かりませんでした。
茶碗のイラストの入った「茶入茶碗名物控」というのはなんとなく分かったかな、くらい。
茶道をやっている人なら分かるんだろうか。

所要時間/滞在時間

じっくり観て1時間ちょっと。サラッとなら15分くらい。

バリアフリー

古い建物ということもあり2階の展示室へは階段でしか行けません。設備も特にありません。

乳幼児関係

特にありません。

体験

特にありません。

カフェ・ショップ

佐竹家の史料が売られています。

近隣のこと

靖国神社やその中にある遊就館が近いです。
お堀があって少し大回りになりますが北の丸公園も行けます。

外国人向け

ほぼありません。1枚だけ英語の解説パネルがあるくらいで日本語のみですね。

千秋文庫 基本情報

住所

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-1-36

電話番号

03-3261-0075

開館時間

火~土
10:00~16:00 ※入館は、15:30まで

休館日

日曜日
月曜日
祝日
展示替期間

入館料

一般 450円

アクセス

東京メトロ 東西線/半蔵門線/新宿線 九段下駅(2番出口)から徒歩10分
JR/東京メトロ 有楽町線/南北線 飯田橋駅/都営地下鉄大江戸線 飯田橋駅、 徒歩15分
JR/東京メトロ 有楽町線/南北線 市ヶ谷駅から徒歩15分

どの駅からも微妙に遠いんですよね……

設備

特になし

Wi-fi

なし

写真撮影

不可

ホームページ

http://senshu-bunko.or.jp/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告