食とくらしの小さな博物館 味の素や食文化について学ぶ

食とくらしの小さな博物館

味の素ワールドへ

施設の名前だけじゃ分からないですが、ここは味の素(株)が設置している博物館です。

まさに「食」と「くらし」に関する展示が観られます。

他に図書館である「食の文化ライブラリー」、江戸~昭和時代の食文化を伝える「食文化展示室」が併設されています。

1階の受付で名前や目的の施設を記入し、入館証をつけて入ります。展示室は2階、エレベーターでGO。

ちなみにライブラリーは1階で、荷物は最低限しか持って入れません。多くはロッカーに預けて入室という国会図書館方式。

建物の入り口が、門入って奥まっているので微妙に入りづらい…研修センターってめっちゃ書いてあるし。でも中はフレンドリーなので安心。

食とくらしの小さな博物館 感想

味の素の歴史を知る

食とくらしの小さな博物館

広告が賑やかな展示

味の素ってわりと日本の食生活にグイグイ入り込んでいるので、改めて知るのはちょっと新鮮でした。

とはいえ、展示は最初の発売当初からの味の素の製品や広告といった「見た目」中心。

さらに、明治~昭和の味の素の製品が発売された時代に合わせたおもちゃやお菓子も置かれていて、何やらにぎやかな展示になってます。

一番最初に定期的に流れる映像が味の素の歴史を知るには一番いいかな。とにかく苦労があった(味の素って何なのよ、シャンプー?何??みたいな)ようで。

なのでとにかく広告に力を入れていたとか。あ、だから広告の展示が多いのか。映像も含めて色々な広告が見られてそれも楽しいです。世代で知ってる広告も違うだろうし。

あとは味の素が企業としてどう発展していったか、といった解説があります。

考えてみれば、なんとなく「味の素=商品名」なイメージで企業的な印象は無かったなあと。毎日テレビでCM見る大企業なのにな。

日本人の食の歴史を知る

明治~現代までの食卓を再現したコーナーがあります。時代順に並べてみると結構面白かったです。

台所/食卓/食事作法/献立について、時代ごとの違いがありました。

現代では当たり前の、食事中の家族団らんはちゃぶ台によるところが大きそう。昔は食事中の会話自体NGだってのは初めて知りました。これからも色々変わってくんだろうなあ。

食とくらしの小さな博物館

昭和時代の食卓風景

そういえばサザエさんとか昔のマンガに「お父さん、新聞読みながら食べるのやめてくださいよ」てのがあったけど、現代はこれがスマホになったりしてそうだな…

食は時代的なもの・文化的なものが凄く出るので、個人的に大好きなテーマですね。古今東西の食についてもっと知りたい。

味の素の歴史も含め全体的に分かりやすいので、あと上で書いたように賑やかなので、小学生以上なら結構楽しく学べるのではないかな。

クイズコーナーもあって、夏休み中のガールがどえらいスピードで解いてました。できる…常連だな…!一緒に来ていたお母さんあきれてました笑

「食文化展示室」が楽しかった

食文化展示室

生唾ゴクリ

個人的にはこの部屋が楽しかったです。ほんの小さい一室なのですが。

常設展と秋の企画展と、どちらかをやっている部屋です。私が行った時は常設で、江戸時代の食についての展示でした。

食に関する浮世絵を飾っていたり、江戸の食の本をもとに食べ物を再現していたり、江戸時代から現在に至るまであるお菓子の紹介をしていたりと、「食」を軸とした展示が面白いです。

昔の食べ物ってなんかワクワクしません??

以前の展示企画を見ると昭和の食も特集していたので、昔の食について色々な展示を観せてくれる所です。

所要時間/滞在時間

食とくらしの小さな博物館と食文化展示室を、じっくり観て1時間半弱。

サラッとなら両方あわせても20分くらいかと思います。

バリアフリー

2階の展示室まではエレベーターがあり、その2階に車いす用のトイレもあります。

乳幼児関係

特にありません。

体験

博物館というよりは、博物館も運営している「味の素食文化センター」という機関が食に関する講演会などをおこなっています。大人向け。

無料ですが、FAXかハガキで事前申し込みが必要です。うーんFAXかー…

カフェ・ショップ

食に関する浮世絵のポストカードやクリアファイルが販売されています。

近隣のこと

物流博物館が近いです。同じ通り沿い。

さらに同じ通りをズンズン行くとソニー歴史資料館があります。こちらは要予約。

上2つとはちょっと方角が変わりますが、畠山美術館も近いです。

外国人向け

解説には全て英語が併記されています。

最初の映像も、スタート時にボタンを押すと英語バージョンになるという仕様。すごい。

食とくらしの小さな博物館 基本情報

住所

〒108-0074 東京都港区高輪3-13-65 味の素グループ高輪研修センター内2階

電話番号

03-5488-7305

開館時間

月~土
10:00~17:00

休館日

日曜日
祝祭日
年末年始

入館料

無料

アクセス

都営浅草線 高輪台駅から徒歩3分
JR 品川駅(高輪口)から徒歩11分

私は品川駅から歩きました。さ、坂が……汗

設備

コイン返却式ロッカー
車いす用トイレ

Wi-fi

なし

写真撮影

ホームページ

https://www.ajinomoto.co.jp/kfb/museum/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告