高砂コレクションギャラリー 香り文化を観る

高砂コレクションギャラリー

ビルの中にあります。この外は商談スペース

蒲田駅近くの高砂香料工業(株)が公開している香りに関する物を展示している博物館。ビルの17階にあります。

香水瓶、香炉など世界・時代を問わずに展示してありその形や色のバラエティが楽しいです。

ほんの少しだけ高砂社に関する資料も展示してあります。なので、高砂の製品を紹介する企業博物館とは少し異なります。これも深めればきっと面白いだろうとは思いますね。

展示スペースとは別に商談スペースであろう広いスペースにも展示があり、そちらは20世紀以降の香水やクリスタル製品の有名ブランドの香水瓶が置いてあります。
これもまたデザイン等が美しく、目を楽しませてくれます。

特に展示替え等はないそうです。もっと色々あるならば観てみたいですけどね。

高砂コレクションギャラリー 感想

日本や世界の様々な香り道具が楽しい

高砂コレクションギャラリー

香りの道具しかない空間。バラエティ豊かな展示物が面白い!

「香り」に特化してここまで面白いのか!と思いました。香りにまつわる道具は素材やデザインが様々で観ていて本当に楽しかったし、写真もOKなのでバシバシ撮ってました。

江戸時代の香り道具一式を入れる蒔絵箱も良かったですが、装飾がすごいヨーロッパ製のものが良かったです。
不思議なモチーフもありました。イギリスの「大砲型香水瓶」とかドイツの「若い娘を背負う修道士の香水瓶」とか。なぜこれを作ろうとしたんだろう。

近現代のものが多かったですが、紀元前のギリシャの香油瓶もあり時代がタイムスリップ。
他にも12~13世紀のアフガニスタンの香炉や、8世紀の中国(唐時代だそうな)の香炉もあり、時代も国も様々ですごく良かった。
香りの文化は広くて深い。

香りに関する絵も数枚程度ありましたね。徹底してました。

展示物一つひとつに解説はなく、というか解説自体あまりないので、その分めちゃくちゃ物を観ていました。

アール・ヌーヴォーの作品も

高砂コレクションギャラリー

これはでドーム兄弟作

ギャラリーの部屋とは別に商談ができるようなオープンスペースがあり、そこでは様々な香水瓶が展示してあります。

そこで20世紀前半のラリックやガレ、ドーム兄弟の作品を見つけてびっくり。
こんなところにアール・ヌーヴォー!
美術館というより一般の会社のいちスペースに置いてあるのが面白かったです。

これも写真が撮れたので撮ってきました。

現代の香り道具も

高砂コレクションギャラリー

ゴージャス!

上に書いたアール・ヌーヴォー作品と同じエリアに、近現代の主として香水瓶が展示されています。
これらのデザインも昔のものに負けず劣らず目を引いて楽しかったです。

バカラのものやエルメスのもの。エルメスのは「今上天皇陛下 御即位記念 香水瓶」とキャプションがあっておおお!てなりました。めちゃくちゃゴージャスでした。(正確には香水瓶自体はサン・ルイ社製)

どこ製のか分からないけど「僕はミス・ディオールのものです」というタイトルが付けられたクマの形をしたガラスの香水瓶がかわいかったです。適度にゆるい顔。
他のクリスチャン・ディオールのはバカラ製ってなってたけどこのクマは何も書いてなかったので謎です。

道具でなく香水自体も置いてあります。高砂の新作香水が紹介されていました。

所要時間/滞在時間

じっくり観て1時間ほど。サラッとなら15分くらい。

バリアフリー

エレベーター、スロープ等があるので問題なく観られます。設備はなかったかなあ。ただし隣りにあるアプリコホール内には車いす用トイレがありました。

乳幼児関係

特にありません。

体験

特にありません。

カフェ・ショップ

特にありません。

近隣のこと

隣のアプリコホールにはアプリコアートギャラリーがあり、大田区所蔵の絵画作品を鑑賞することができます。

壁面に少し展示があるだけですが、ここ以外は近くにミュージアムやギャラリーはないのでぜひ一緒にどうぞ。

外国人向け

特にありません。

高砂コレクション・ギャラリー 基本情報

住所

〒144-8721 東京都大田区蒲田5-37-1 ニッセイアロマスクエア17F

電話番号

博物館の連絡先は特にありません

開館時間

月~金
10:00~17:00 ※入室は16:30まで

休館日

土曜日
日曜日
祝日
年末年始
高砂香料工業(株)休業日

入館料

無料

アクセス

蒲田駅(東口)から徒歩5分

ビルに堂々と入るのは少し緊張しましたね(小心者)

設備

特にありません

Wi-fi

なし

写真撮影

ホームページ

http://www.takasago.com/ja/museum/index.html

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告