多摩川台公園古墳展示室 古代人の気持ちになれる

多摩川台公園古墳展示室

この中に入ると……

多摩川台公園古墳展示室は、その名の通り多摩川台公園の中にある展示施設です。最寄り駅は多摩川駅。

大田区内で発掘された古墳をレプリカで再現しており、あわせて古墳時代の文化や古墳の作り方を紹介しています。

また多摩川台公園の中に展示室の他に本物の古墳群が残されており、一帯が古代ロマンを想像できる空間になっています。

多摩川台公園古墳展示室 感想

古墳がせまってくる!

多摩川台公園古墳展示室

古墳(部分)

とにかくここはコレ!

入り口を入るとドドーンと古墳(の、一部)が現れます。実際の大きさを再現しており、迫力があります。
これは古代の豪族が造りたがるわけだわ…権力の誇示になるわ…

そして古墳の中に入っていくようになっています。

中央に葬られた首長(大王)の人形をおさめた棺が置いてあります。そしてその遺体(人形)の写真がGoogle検索に載ってて最初見たとき一瞬物凄くびびりました。「!??!!!?」てなった。

古墳時代のあれこれが分かる

多摩川台公園古墳展示室

古墳の作り方(部分)

歴史好きとしてはこちらも面白かったです。

古代の墓前祭の様子を埴輪から復元した人形で解説していたのが興味深かったです。
「太刀を持つ女」というのがいて、刀には呪術的な意味があり、埴輪では巫女姿の女性が多いとか。
琴が古墳時代(琴を弾く男という埴輪がある)のに驚きました。実はもっというと琴自体は2~3世紀の弥生時代の遺跡から出土しているとのことでそれもビックリ。

埴輪ってあんまりきちんと見たことがなかったので、時代の文化的な側面をこんなにも映し出すのだと分かって良かったです。

古墳の作り方もきっちり説明されていましたし、古墳の中に納める木棺・石棺の種類もばっちり、古墳の時代ごとの変遷も紹介されています(ピラミッドとの比較もあり)。

なので結構文章を読み込んだりして観るのに時間かかりましたね。

大田区は区立博物館では縄文時代を物凄く丁寧に展示していたし、この古墳展示室も狭いながらもかなりきっちりとした展示なので、縄文~古墳時代を知るなら大田区がおすすめです。

公園内には古墳がこんもりと

多摩川台公園古墳展示室

古墳(部分)

古墳展示室はその名の通り多摩川台公園の中にあるのですが、その公園内にはまさに古墳があります。

国指定史跡の亀甲山古墳は展示室でも紹介されているので一緒に見てみるのがおすすめ。

ただし中に入ったりはできないので、外側から丘のようなものを観るだけなのですが…それもまた古代の支配者層を仰ぎ見る感じがいいですね。

他にも古墳群があり、なんとなく雰囲気を想像できます。

都市だと町作りの過程で古墳を壊してしまっている事も多いので残っているのはありがたい。

公園自体ものんびりしたもので、中高年や親子連れをよく見かけました。確かに近くにあったらちょいちょい来たい。

所要時間/滞在時間

じっくり観て55分くらい。サラッとなら10分かかるかかからないかくらいです。

「展示室」で1室なので空間はあまり広くないです。

バリアフリー

平らなので問題なく観られます。トイレなどは施設内ではなくその施設がある多摩川台公園内にあります。

乳幼児関係

こちらも同じくオムツ替えシートが多摩川台公園内にあります。

体験

特にありません。

カフェ・ショップ

特にありません。

近隣のこと

ミュージアム的なものはないので、上でも書いたとおり多摩川台公園内の古墳群を観るのがいいのかなあと。

外国人向け

日本語のみです。

多摩川台公園古墳展示室 基本情報

住所

〒145-0071 大田区田園調布1-63-1

電話番号

03-3721-1951
多摩川台公園管理事務所の番号です

開館時間

火~日
9:00~16:30 ※入室は16:00まで

休館日

毎週月曜日 ※月曜日が祝日の場合は開室
年末年始(12/29~1/3)

入館料

無料

アクセス

東急多摩川線 多摩川駅(西口)から徒歩5分

坂がきつかった……

設備

特になし

Wi-fi

あり。大田区のフリーWi-Fiが使えます

写真撮影

ホームページ

http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/hakubutsukan/kofuntejishitsu.html

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告