東京おもちゃ美術館 赤ちゃんから大人まで楽しいおもちゃの施設

東京おもちゃ美術館

廃校を利用してます。地下にはギャラリーも

こどもの日なので、それにちなんだ施設を紹介しますね~。

国内・国外のアナログおもちゃが置いてある美術館。

廃校を利用した施設で、入り口横のお外で遊ぶこともできます。

美術館自体は2~3階と、1階に赤ちゃんのお部屋があります。受付は2階。

展示しているものもあるけど、実際に遊べるおもちゃがたくさんあります!

赤ちゃん連れ、子ども連れの方が多かったですね。

平日に行きましたが子どもたちで賑わっていました。

東京おもちゃ美術館 感想

たくさんのおもちゃで遊べる!

東京おもちゃ美術館

自由に遊べます

おもちゃが置いてあるので、自由に遊べます(展示もあるけどごく一部、遊べる部屋の方が多いです)。

ただ置いてあるだけなので、特に説明は無し。

遊び方が分からなくてまごついていると、ガイドさんが親切に教えてくれます。

こういうのは子どものが上手ですね。

おばあちゃんと来ていた見ず知らずのちびっ子(小学生)にコツを教えてもらう始末。

東京おもちゃ美術館

1人でやってみて失敗したゲーム。1人でも楽しかったよ

これは家族連れ、友達同士、とにかく複数で行くのがおすすめ!

ゲームにチャレンジしたんですが(1人で)、失敗した時も1人でがっかりするという切なさ…成功した時もうれしさを分かち合えないむなしさ…

周りを見ても誰もいない寂しさを味わいたい人のみどうぞ…ええ…

2階奥の部屋は靴を脱いであがるようになっていて、くつろぎながら子どもを遊ばせることもできます。

が、ここには乳幼児が飲み込んでしまいがちな大きさの物があるので注意が必要です!

イベントも毎日やってます

時間になれば紙芝居や工作教室が始まります!

工作は予約制でしたね。

とはいえ、とても簡単。

工作教室の時間が書いてある引き出し箱の中に札が入っています。

やりたい工作の時間の引き出しから札を取り出して持っているというもの。

赤ちゃん連れでも大丈夫!

1階には0・1・2歳の子どもを遊ばせられる部屋があります。

木のおもちゃがたくさん置いてあり、そこにいた子らも楽しそう。

おむつ替えや授乳できるスペースもあります。授乳スペースではミルクやお水もOK。

お父さんと来てる子もいたので男子禁制ではありませんでした。部屋のスタッフさんも男性いましたし。

部屋にいるスタッフさんに色々聞いてみました。

その部屋にいるスタッフさんは保育士ではないので預けることはできないそうです。

だから親がトイレに行く時も一緒に連れていくと。

外で遊べない雨の日や冬の寒い日は混雑するということでした。

また、兄弟がいても、3歳以上は部屋には入れないので注意

赤ちゃんが安心して遊べるお部屋として設置しているので、そこはルールがきちんとあるそうです。

さすがに0歳と3歳は同席はちと怖い。

赤ちゃん向けの部屋は3歳はきっとつまらないだろうし。



[広告] 木のぬくもりを感じるおもちゃやインテリアです。

滞在時間

けっこう遊んだと思ったけど、1時間半ほどで出てきました。

これは1人で行ったから。家族連れグループだとおそらくもっとかかります。

子どもと一緒だと半日はいられる。その日に限り再入場もできます。

サラッと観るだけなら30分ほどかと思いますが、おもちゃで遊ばないとここに行く意味があんまり…

バリアフリー

エレベーターがあります。

2階、3階に展示室があるので、まず2階で受付を済ませてから、スタッフさんがついて3階に上がります(もちろん最初に2階で遊んでからでも大丈夫です)。

3階エレベーター前はイベントを開催したり(この前で紙芝居やってました)、ふだんエレベーターが止まるようになってないので、必ずスタッフの方がつくのだとか。

また、2階奥の部屋も車いすのタイヤを拭いて上がれます。

乳幼児関係

上でも書いた通り、0~2歳向けのお部屋があり、そこにおむつ替えスペース、授乳スペースがあります。

また1階トイレには、多目的トイレがあり、おむつ替え台も用意されています。

体験

体験の宝庫です!というか遊んでなんぼの美術館。

9割方が体験コーナーと思ってください。

カフェ・ショップ

ショップがあり、おもちゃ美術館で遊べるおもちゃも買えます。

木製のおもちゃが豊富です。プレゼントにも良さそう。

近隣のこと

周りは住宅街ですが、ちょっと歩くと新宿御苑や消防博物館など親子で楽しめるスポットがあります。

また、同じ建物内地下1階にはギャラリー(ランプ坂ギャラリー)があり、定期的に展示会を行っています。

外国人向け

外国のお客さんも結構見ました。

特に解説もなく、おもちゃを楽しむ施設なので外国の人も楽しめるんでしょうね。

ショップで買い物をしている人もいました。

東京おもちゃ美術館 基本情報

住所

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば内

電話番号

03-5367-9601
認定NPO法人 芸術と遊び創造協会の番号です

開館時間

月~水・金~日
10:00~16:00 ※入館は15:30まで

休館日

毎週木曜日
特別休館日(2月・9月の年2回)
年末年始

入館料

一般 800円

平日のみ利用できる半年間パスポートがあります。

近所ならこれ持ってるといいだろうなあ。

アクセス

東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅(2番出口)から徒歩7分

設備

車いす用トイレ
おむつ替えシート
授乳スペース

Wi-fi

なし

写真撮影

ですが、他のお客さんの顔を大きく写さないようご配慮ください、とのことでした。

ホームページ

http://goodtoy.org/ttm/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告