東京都水の科学館 身近な水について楽しく学ぶ

東京都水の科学館

外見はごつい

国際展示場駅からちょっと歩くとあります、水・水道に関する博物館です。

ねずみ色の外壁にドーンと水の科学館!て主張して書いてあるので、昔ながらの暗い感じの博物館なのかな、と思ってたら、明るい親しみやすい幼児も楽しめる博物館でした。
今時ぽい感じ。

何よりも幼児からも遊べるような遊びも絡めた展示があり、子ども向けにはちょうどいい博物館です。
幼児は1階フロア、小学生は3~2階フロア、中学生は実験の部屋と、それぞれ楽しめそうな感じでした。もちろんそれ以上でも楽しめますよ。
子ども向けだと、解説が分かりやすくていいなあ。

ただ水道局のお仕事を紹介するのではなく、東京の水はどこから来るのか?水の性質とは?水道水の役割とは?節水とは?といった水そのものや生活における水についての全般的な展示になっています。

あとスタッフさんが親切!

東京都水の科学館 感想

子ども向けの分かりやすい展示

東京都水の科学館

ここは3階の水と森の展示

水にまつわる森、生活、実験などを解説しています。

森の展示は、絵本仕立ての解説ありめくったり開いたりする仕掛けありクイズありで、子どもも楽しめるような仕掛けが満載。
広くスペースがとってあるので結構走ってる子もいたな~。

生活は、水回りの水について色々紹介しています。
台所、トイレ、飲料水、洗濯……身の回りの話題に絡めて使われている水について解説しています。
皿洗いは、手洗いよりも食洗機がかなり水の節約になると知ったので我が家に導入したいと思いましたね~。

身近な話題にもかかわらず知らない事も多くて驚く事も多かったです。

基本的に解説は小学生低学年でも分かりそう。

科学実験がたくさん!

東京都水の科学館

ガラッガラに見えますが実は人めっちゃ沢山いました(タイミング見計らった)

これも楽しかったです。
科学館て名前がつく施設は大体は体験展示がありますね。
ここもそういった展示が多かったです。
メカニズムも合わせて解説しています(が、私はよく分からなかったなあ…)。

また時間によっては館のスタッフさんが行う実験タイムもあり、理科的な学びもあります。

これは実際に行って体験してみてほしいですね。

水の博物館という事で、水道局の仕事を紹介する施設だと思っていたのですが(そしてそれでも十分楽しめるとは思うのですが)、意外に水の科学的なアプローチや水を作り出す根本的な仕組み(森林の働き)を解説していてびっくり。

クイズやゲームも

東京都水の科学館

これが長いゲーム。実際の工事の大変さを味わえます

親しみやすさ抜群の施設なので、水や水道にまつわるクイズ、ゲームもあります。
かなりの確率でキッズや家族連れで埋まってましたね。楽しそう。

ゲームは本格的で、得点が出てランキングが発表されるものもあって燃える。
2人でやるようなものもあります。

地下工事のゲーム(展示室のカテゴライズに当てはまらなかったのか、2階の通路みたいなところにあります)は意外に時間かかるから心して始めてください。
あとすっごいボタン叩く。
こちらもランキングに載ると名前を登録できます。

子どもが楽しい設備やイベントも多い!

東京都水の科学館

ここ、ひと目見て幼児~小学生が目を輝かせてたな~

クイズ、ゲーム以外に、1階には遊べるスペースが大きくとってあります。
水が流れていて、そこにおもちゃが置かれています。幼児大喜びゾーン。

また外には芝生広場なる場所があり、走り回りたいちびっ子がいても放牧できます。

実際、学校が休みの期間に行った事もあってかなり子どもを観ました。
それこそベビーカーに乗ってる子を連れたお母さんもたくさんいましたね。
ベビーカー置き場は入口に設置されています。

また、小学生以下を対象としたイベントが月に4~5回開催されています。
ホームページにスケジュールが載っているので確認してみてください。すごい。

シアターやツアーもあり

受付で申し込みが必要ですが、無料で体験できるツアー、シアターもあります。

ツアーは、建物の地下にある水道施設(有明給水所)を見学するというもの。
展示は丁寧に作り込まれたものなので、生の「水道」に触れるのはここがいいのかな~。

気になったけど今回は時間の都合で断念。
見てると小学生も参加しているみたいでしたね。

シアターも含めて、全方向的に色々と学べて遊べる施設だなあ、とびっくりしました。

所要時間/滞在時間

展示のみじっくり観て1時間半ちょっとでした。
さらにツアー・シアター・実験などを観るとなると2時間半以上はかかりそう。

サラッとなら30分くらいかなあと思います。

バリアフリー

スロープ、エレベーターがあるので問題なく観られるとは思います。車いす用トイレもあり。

ホームページに「車いすでご来館の場合は事前に当館までご相談ください」とあるので何か確認事項があるのかもしれません。

乳幼児関係

3階女子トイレ内にベビーチェアが備わっていました。2階のは形跡はあるけど撤去中だったなあ。
授乳室はスタッフさんに申し出れば対応してくれるそう。

体験

上にもちょっと書きましたが、月に4~5回開催と充実しています。
イベントは科学実験ショーだけでなく、ジャグリング・曲芸・似顔絵なども。
ものづくりのワークショップもあり。

各回に定員があり開催日当日に整理券をもらって参加します。参加は無料。

カフェ・ショップ

カフェはありませんが、1階の奥の方で「飲食可能スペース」があります。

近隣のこと

歩いて5分ちょっとのところに、姉妹施設とも言える東京都虹の下水道館があります。また国際展示場駅近くにリスーピアがあるので、こちらも合わせていけると思います。

外国人向け

一部に英語併記の解説はあるものの、基本的には日本語のみです。
ホームページは英語版があります。

基本情報

住所

〒135-0063 江東区有明3-1-8

電話番号

03-3528-2366

開館時間

9:30~17:00 ※入館は16:30まで

休館日

月曜日 ※祝日の場合は開館し翌日お休み
年末年始(12/28~1/4)

入館料

無料

アクセス

ゆりかもめ 国際展示場正門駅から徒歩8分
りんかい線 国際展示場駅から徒歩8分

私は東京テレポート駅から歩きましたが、徒歩15分くらいでした

設備

冷水器
コイン返却式ロッカー
車いす用トイレ
ベビーチェア
ベビーカー置き場
授乳室

Wi-fi

なし

写真撮影


ツアーとシアターは不可

ホームページ

http://www.mizunokagaku.jp/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告