キヤノンギャラリー品川 写真を楽しむ施設

キヤノンギャラリー

ここは1階のギャラリー

キヤノンの設置しているギャラリーです。
物凄く関係ない話ですが「キノン」なのな、「キノン」かと思ってた。

写真を展示するギャラリーが3つあります。
メインは2階の入口からエレベーターを降りて行く「ギャラリーS」かな。
スーツメンたちに混じって降りていきます。

キヤノンギャラリーは、東京には銀座もありますが、今回は品川だけのレビューです。

キヤノンギャラリー品川 レビュー

写真を観よう

キヤノンギャラリー

この展示は写真撮影可でした

3つのギャラリーがあり、それぞれで展示会があります。
三者三様の写真が展示されていて面白かったです。

あまりジッと観ることがない写真ですが、展示となると顔を近づけて観たくなるのは何でなんだろう。
細かいところまで注目しちゃう。

こういった企業のギャラリーは大体何かしら展示をやっているので、ふらりと行くのもいいなあ。

ワークショップが豊富

ワークショップがたくさん開催されています。
構図の決め方、花の撮り方、子どもの撮り方などなど講師に教えてもらえます。
撮り方を教えてもらえるのはいいなあ。

子育てワークショップとして、乳幼児といっしょでも参加可能なものもあります。
小学生向けのワークショップもあるので、幅広い年代が楽しめるんじゃないかなあ。

事前申し込みが必要なので、ワークショップのページをチェックしてみてください。

ギャラリーではなく、2階ショールームでの開催です。

今なら鉄ナツのスタンプラリーやってるよ

キヤノンギャラリー

スタンプラリーの冊子

ギャラリーSの展示会(猪井 貴志 写真展:鉄景漁師)に関連して、キヤノンギャラリーの展示を回ってスタンプを押すとちょっとしたプレゼントがもらえるイベントをやっていました。

そのスタンプ台紙が冊子になってるんだけども、鉄道撮影のマナーのページがあって、それが面白かったです。
撮影時に赤い服はやめとけ、とか知らなかった。
「赤」の意味するところの停止・緊急を運転士に誤認させないため、だそうです。

無料なのにすごいな~。

老婆心ながら、タイミングを逃すと大阪や名古屋まで行かないとそろわない事になるのでご注意を。

所要時間/滞在時間

3つのギャラリーをじっくり観て40分くらい。

サラッとなら、3部屋観ても15分くらいかなと。

展覧会によるかな、と思いつつ。
あまり解説パネルもなく、写真を観るだけなので、わりとすぐ終わりそう。

バリアフリー

エレベーター無いなあと思って、今ホームーページを確認したら、ちゃんと入れるそうです。
車いす用トイレもあり。

乳幼児関係

車いすトイレ内におむつ替えシートがあります。

また、前述したとおり乳幼児向けのワークショップも開催していますので、赤ちゃん連れでも良さそう。

体験

キヤノン製のカメラを実際に触って撮れるワークショップを開催しています。要申し込み。
夏休みは、子ども向けに申し込みが不要のワークショップもあります。

企画展によってはトークショーがあります。

カフェ・ショップ

カフェは以前あったのが閉店してまして、今は自販機といすとテーブルが置いてあるスペースになってます。

ショップはなし。ショールームはありますが…

近隣のこと

近くにニコンミュージアムがあります。

隣の建物には三菱重工の展示スペースのM’s Squareがあります。

外国人向け

展覧会により…な気がします。
私が行った時は日本語だけでした。

基本情報

住所

〒108-8011 東京都港区港南2-16-6 キヤノン S タワー 1F・2F

電話番号

03-6719-9021

開館時間

10:00~17:30

入館料

無料

休館日

毎週日曜日
祝日
キャノン休業日

アクセス

JR 品川駅(港南口)から徒歩8分
京浜急行 品川駅から徒歩10分

JR品川駅 港南口から右折してひたすらまっすぐスカイウェイを歩くと楽です。

設備

車いす用トイレ
おむつ替えシート(車いすトイレ内)

Wi-fi

なし

写真撮影

展覧会によります。係員に確認を!

ホームページ

http://cweb.canon.jp/gallery/schedule/shinagawa.html キヤノンギャラリー品川

http://cweb.canon.jp/gallery/index.html キヤノンギャラリー(全国のギャラリー情報)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告