池袋防災館 防災を学ぼう

池袋防災館

池袋駅から程近く

防災の日なので、池袋にある防災の施設。

要申し込みの体験コースがメインになっていますが、予約をしなくても施設自体は見学できます。

で、見学だけ行ってきました。正直あんまり書ける事がないです。

防災なら、四谷にある消防博物館の方が展示メインになってます。

可能であれば、体験コースに申し込むのがいいです。

ちなみに、押上駅/錦糸町駅から近い本所防災館もほぼ同様の体験ができます。本所の方は暴風雨体験ができるのが少し違うとの事。

池袋防災館 感想

防災についてのパネルを読む

体験コースをしないとなると、解説パネルを読むのがメインになります。「お勉強」的になっちゃうかな。

が、どうしても建物の作りが体験メインになっているので、解説パネルもあんまり豊富じゃないです。そもそも観る(読む)ものがないという。

都民に無料配布された『東京防災』を紹介したパネルが一番まとまってたかな。

正直あんまり書く事がないですね…

体験も(少し)できます

池袋防災館

私はこういうのメチャクチャ下手ですね…

自由見学での体験も少しだけでき、ゲームやクイズができるようになっています。通報訓練コーナーもあり、こちらも体験可能。

子どもも楽しめそうなのはゲームかな、とは思うのですが、小学生以上じゃないときついかも。PS3のコントローラーだったし。

…う~ん、やっぱり書く事がないですね…つまり、体験コースに申し込みをするのが最良、と。

結局は体験コースに申し込むのがおすすめ!

池袋防災館

地震体験コーナー

体験は、「地震」「煙」「消火」に加えて「視聴覚教室/救急/防災ブック学習」の中から1つ選択するようになっています。

所要時間は1時間40分。各体験が25分なので、結構な長丁場。

時間が決まっていて(9:30/13:00/15:00)、予約がいっぱいだと希望の時間が選べない事もあるのでまずはホームページでご確認ください。

11:10からのコースはショートコースで50分の体験ができます。

池袋防災館には書いてないのですが、年齢の参考として、同じような体験ができる本所防災館のホームページには、消火体験は小学4年生以上(保護者がいればその限りでない)、地震体験は3歳以上、煙体験は特に制限なし、となっています。

防災は、なかなか頭で考えるだけでは足りない部分が大きいと思うので、こういった体験はしておいて損はないでしょうね。

所要時間/滞在時間

ゆっくり観ても30分くらい。

体験がメインの施設なので、観るだけの部分は少ないです。ゲーム(誰でもできる)とかやりこめば、もっと楽しめるかもしれないですね。

ザッと観るだけなら15分くらいで終わりそうです。

防災体験に申し込むと所要時間は1時間40分だそうです。

バリアフリー

エレベーター、スロープ等があり、5階に車いす用トイレがあります。

乳幼児関係

5階女子トイレ内におむつ替えシートがあります。

体験

模型を使った液状化の再現や、PS3などを使ったゲーム(firemanが出てた)があります。

本当に体験するなら申し込みをするのがおすすめです。

カフェ・ショップ

ショップにて、簡易トイレなどの防災グッズが販売されています。

近隣のこと

豊島区郷土資料館がお隣のビルにあります。(2017/10/1にリニューアル開館)

ほか、立教学院展示館や自由学園明日館が徒歩10分圏内にあります。

外国人向け

一部に英語・中国語(簡体字)・韓国語が併記されています。

ホームページには住所や開館時間など英語の表記があります。

池袋防災館 基本情報

住所

〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-37-8

電話番号

03-3590-6565

開館時間

水~月
9:00~17:00  ※体験コーナーの最終受付は16:15

休館日

火曜日(国民の祝日に当たる場合は開館し、翌日お休み)
第3水曜日(同上)
年末年始(12/28~1/4)
そのほか臨時休館あり

入館料

無料

アクセス

池袋駅(南口・西口・メトロポリタン口)から徒歩5分

設備

車いす用トイレ

Wi-fi

なし

写真撮影

ホームページ

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-ikbskan/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告