明治大学博物館 観せる工夫がたくさん!刑事エリアが面白い

明治大学博物館

博物館には誰でも入れます

明治大学内の博物館。

学生だけでなく誰にでも解放されています。

常設展と企画展の部屋がありますが、企画展は行った時はやっていませんでした。

常設展は地下1階が明治大学関連の展示、地下2階に[商品][刑事][考古]の3つのエリアにわけた展示があります。

明治大学の展示はよく分からなかったかなー。

明治博物館の冊子もあり、自由に持ち帰れるようになっています。

明治大学博物館 感想

[商品]エリアはたくさんの「物」が並んでいる

日本の伝統的な「ものづくり」についての展示です。染め物や陶磁器、筆などの「物」が所狭しと並んでいます。

その「物」について、作られる過程も展示で説明されていて興味深かったです。

本当にみっちり置かれているので目が滑って4分の1も頭に残っていない気がする…

[刑事]エリアは江戸時代の刑罰について迫力ある現物展示

明治大学博物館

刑事エリアの十手

[刑事]エリアが一番面白かったなあ。

江戸時代の逮捕~処刑までの道具や書状などが展示されています。

逮捕だと十手とか。その十手も、同心が持つ物や岡っ引き(目明かし)が持つ物、練習用の物など各種あって面白かったです。

拷問具や処刑の道具もきっちり置かれていました。

物だけじゃピンとこない、そのやり方もパネルでバッチリ絵になって分かりやすかったよ!うん、気が滅入るよ!

いや、ちゃんと面白かったですよ。

鉄の処女もギロチンも観たし!ギロチンでかくて迫力あった…!

「コラム展示」というコーナーもありましてね。

それも分かりやすく面白く書かれてました。

展示されていたのは江戸時代の「帳外(ちょうはずし)」について。

パネルで説明して現物も置いておく、という展示方法で興味深かったです。

[考古]エリアは石器ががっつり並んでます

明治大学博物館

考古資料がびっしり

考古学は感動ポイントがよく分からないのですが…

とにかく物は多かったです。出土した石器がバーッと。もはや石器の暴力。

貝塚の復元したスペースや埴輪の置いてあるスペースは記念撮影によさそう。

分かりやすく伝えよう、という心意気がすごい

上で書いたコラム展もそうですが、とにかく「見せよう」という工夫が随所にあってとても楽しかったです。

専門的なことをかみ砕いて説明してくれるのが博物館の良いところですね~。

「知る」ことが楽しいです。

所要時間

じっくり観て1時間半、サラッとで20分ほど。

じっくりとはいえ、展示物が大量(特に[商品]エリア)なので100%じっくり観たわけではありません。

さすがに全部じっくり観ると半日以上つぶれる…!あと疲れる。

他の来館者は15分くらいで観て出ていく人が多かったですね。

学生だけでなく中高年のふつう~の人も来てました。

バリアフリー

1階から地下1階、地下1階から地下2階とエレベーターがあります。

地下1階に多目的トイレがあります。

乳幼児関係

おむつ替えシートがあります。

体験

ボランティアによる展示解説があります。

カフェ・ショップ

ショップがあります、買う時は事務室に声を掛けます。

カフェは大学のカフェが1階にあります。

メニューも豊富だったけど、満席で入れず…残念。

近隣のこと

坂を下っていくと古書店街・神保町に行き着きます。

大学近くにはジョサイア・コンドルが設計したニコライ堂(東京復活大聖堂)があります。

教会の厳かな雰囲気に触れてみるのもいいのでは。誰でも入れます。

御茶ノ水駅の反対側には湯島聖堂や神田明神もある江戸の歴史スポット!

あと秋葉原も近いです。

外国人向け

英語・中国語・韓国語のリーフレットがあります。

キャプションについて英語も併記されているものもあります。

明治大学博物館 基本情報

住所

〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1 アカデミーコモン地階

電話番号

03-3296-4448

開館時間

ほぼ毎日開館
10:00~17:00

休館日

夏期休業日(8/10~16)
※8月の土・日曜に臨時休館あり
冬季休業日(12/26~1/7)

入館料

無料

アクセス

JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅から徒歩5分。

アカデミーコモンという建物です。階段登って行きます。

その地下1階にあります。

フワッとした記憶で行ったらどの建物か分からなかった!

明治大学建物いっぱいある…

Wi-fi

なし

設備

コイン返却式ロッカー
ミュージアムショップの裏側にあります。

写真撮影

三脚・自撮り棒は禁止です。

ホームページ

https://www.meiji.ac.jp/museum/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告