関口美術館 柳原義達の彫刻を観る

関口美術館

ガラス扉を開けて入ります(重い!)

葛西駅から徒歩10分ほどのところにある、個人で作られた美術館。彫刻家・柳原義達の作品を展示しています。

本館が柳原義達の展示で東館はギャラリー。東館は本館から徒歩3分ほどの所にあります。

本館も東館も、設立したのが建築家の方なので、どちらもちょっと素敵なデザインの建物です。

特に本館は、庭も含めて彫刻との調和がぴったり。作品の展示点数は少ないですが、とても居心地の空間になっています。

関口美術館 感想

柳原義達の彫刻作品を観られる

そんなに広くない展示スペースに、バランスよく裸婦、カラス、はとの彫刻作品が展示してありました。

私は柳原義達を知らなかったのですが、観るとインパクトがあって忘れなそう。印象だけで言えばちょっとフォービズムっぽいというか…
こういう感想に関しては、行って観てくださいとしか書けなくなるのがもどかしいですね。

私はカラスの作品が好きだったなあ。特に「道標(風と鴉)」という作品。カラス好きはぜひ行ってみてください。

建物が素敵

関口美術館

これは東館の入り口

美術館を作った人が建築家という事もあり、建物がちょっと素敵な造りになっています。

展示室には中2階があって、そこには彫刻の他スケッチ類も飾られています。

外の光が入ってくる大きな窓からは庭が見えます。その庭にも作品が展示してあり、展示室から出て鑑賞する事ができます。

建物・作品が一体となっていて、ずっといたくなるような空間でした。

東館もちょっとおしゃれな建築なので、展示会を開催していたらぜひ寄ってみてください。建物は1階・2階が展示スペース。庭もあり、水の流れがあります。

建物ごと展示をデザインしたい人は一度行ってみるといいと思います。駅からちょっと遠いのが難点かな…

所要時間/滞在時間

本館はじっくり見て40分ほど。結構ゆっくり観てました。

サラッとなら15分もあれば観られます。

東館はじっくり観て15分ほど、サラッとなら5分くらいだろうけど、展示によっても変わりそうですね。

バリアフリー

特にありません。

乳幼児関係

特にありません。

体験

特にありません。

カフェ・ショップ

美術館所蔵の柳原義達作品のコレクションの図録が売られています。

近隣のこと

まわりは住宅街なので特に何もありません。強いて言うなら葛西駅近くの地下鉄博物館……?

外国人向け

日本語の解説もそんなにない(図録の冒頭に載っている、彫刻家などによる柳原義達の思い出、的な文章)ので、外国の人も大丈夫だと思います。

関口美術館 基本情報

住所

本館
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西6-7-12 アルトジャルダン1階

東館
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西6-15-7

電話番号

本館
03-3869-1992

東館
03-3687-6595

開館時間

火~日
11:00~18:00

東館は展示会によって時間等変わる事があります。

休館日

月曜日

入館料

本館 一般 500円

東館 展覧会による

アクセス

本館
東京メトロ東西線 葛西駅から徒歩10分

東館。本館から徒歩3分ほど

設備

特になし

Wi-fi

なし

写真撮影

不可

ホームページ

http://www.bbcc.co.jp/museum/sekiguchi%20museum%202.html

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告