書道博物館 渋い!書道の世界

書道博物館

ラブホ街の先に…

常設展の本館と中村不折記念館の二つで構成されています。

記念館の方で書道の展示、本館は上にも書いたとおりに青銅器などの物の展示があります。

記念館の方は新しくてエレベーターや多目的トイレもありますが、本館はなかなかの年期。

洋画家・書家の中村不折(黒田記念館の展示室の字を書いた人です)が蒐集した物を所蔵しています。

書道か~分からないだろうな~大丈夫かな~と思いながら行きました。

結果分からないものは分からなくて変わらずだったけれど、解説に助けられて興味深く観てきました。

書道博物館 感想

展示内容は、書道、ひたすら渋い…!

企画展スペースでは拓本の展示をおこなっていて、字にどっぷり浸かった時間を過ごせます。渋い。

拓本の展示が主だったんですが、かなり古い物もあり…物凄く物凄く貴重なのでは…?

解説は分かりやすい

書についてはどこを観るべきか分からないのが正直なところ。

解説があり、字の太さやハライの形など違いや特徴を示してくれているので、それと現物とを比べて「なるほど」と思わせてくれます。

分からないからとスルーしてしまうのももったいないので、解説を頼りにいろいろ発見してみてください。

分かる人はもっと分かって面白いんだろうなあ。

常設展も展示物が豊富です

常設展をやっている本館では古代中国の青銅剣や器、仏像などが観られます。日本の物も少しだけ。
甲骨文はちょっと面白かったです。はじめて観た!

私はこっちの方がじっくり観られたなあ。書はさっぱり、という方はこっちを観るといいかな。

しかしさすがは書道博物館。本館の石仏の展示解説が石仏に彫られた制作年などの「字」についての言及しかない。徹底してるな…

ちなみに本館に入る扉には「猫が入るので絶対に開けっ放しにしないで」の張り紙がしてあります。

あと本館は静かで暗めで少し不安に…

[写真撮影はご遠慮ください][展示室をくらくしています]といった注意書きがいかにも「書道」の博物館らしい字体で渋く書かれているのでクスッとなります。

こちらもどうぞ

日本書道美術館 多くの人の書を堪能できる
書道の展示をしている美術館。展示室が多く、書の世界をたっぷり堪能することができます。特別展開催時以外は展示はおこなっていないのでご注意を。

様々な書が観られます。

大田区立熊谷恒子記念館 かなの美しさに触れる
熊谷恒子の書を展示している美術館。居宅を改装して美術館にしているので、熊谷恒子の起居した空間で鑑賞ができます。

熊谷恒子さんの柔らかな書を観られます。

所要時間

サッと観るなら40分。

じっくり観るなら2時間。

企画展・常設展合わせて観る物がたくさんあるので思ったより時間かかりました。

バリアフリー

記念館にはエレベーターや多目的トイレがあります。

本館は階段のみなのでちょっと厳しいかな。

記念館1階受付前や、2階に椅子あります。

乳幼児関係

特になし

体験

ギャラリートークや講演、書に関するワークショップなどを開催。

毎月ではないので、ホームページなどでご確認ください。

カフェ・ショップ

ショップあり。
図録や書道のグッズ(クリアファイルやトートバッグ等、けっこうバリエーション豊か)があります。

近隣のこと

正岡子規の居宅を復元した子規庵が目の前にあります。

ねぎし三平堂は初代林家三平のゆかりの品を紹介する施設。落語会もやってます。

外国人向け

中国の人には良いのかも。展示されてるの中国のものがほとんどですからね。

ホームページも英語版があります。

書道博物館 基本情報

住所

〒110-0003 東京都台東区根岸2-10-4

電話番号

03-3872-2645

開館時間

火~日
9:30~16:30 ※入館は16:00まで

休館日

月曜日 ※祝日の場合は開館し、翌日お休み
12/29~1/3
特別整理期間等

入館料

一般 500円

朝倉彫塑館・下町風俗資料館・一葉記念館・書道博物館の共通入館券あり。

全部行くことが決まっているならこちらを買った方がお得。

全部行くと通常の金額の半分で入れることになります。

半券サービスあり。

上記4館のいずれかの半券を提示すれば、それ以外の施設1館に限り団体割引料金で入れます(1回のみ)。

また、施設の年間パスポートが1,000円にて販売されています。

ぐるっとパスで無料。

アクセス

JR鶯谷駅から徒歩5分。

駅近だけど細い道が少々入り組んでいるので注意。

かつラブホ街を通った先にあり本当にこっちでいいのか不安になります。諦めないで!

設備

多目的トイレ
コイン返却式ロッカー

Wi-fi

なし

写真撮影

不可

ホームページ

http://www.taitocity.net/zaidan/shodou/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告