大勝庵 玉電と郷土の歴史館 玉電の運転席と昭和の物がぎっしりと

大勝庵 玉電と郷土の歴史館

外にも電車の設備が

もとはお蕎麦屋さんだったお店を、店主自らが歴史館として再スタートさせた施設。
中には昭和時代から集められた「物」が所狭しと並べられています。

中でも圧巻は玉電の運転席!本物が置いてあります。これは電車好きのちびっこ嬉しい!

玉電は東急玉川線の愛称。渋谷駅~二子玉川園(現・二子玉川)駅、三軒茶屋~下高井戸を結んでいた軌道線。

軌道線については、調べたけどもよく分からず…東急世田谷線は軌道線です。
路面電車も軌道線ということなので、路面電車てことでいいのかな。
確かに乗ってると道や建物が近くていい感じです。世田谷線大好き。

大勝庵 玉電と郷土の歴史館 レビュー

玉電の運転席や、東急線の吊り革が見られるよ!

大勝庵 玉電と郷土の歴史館

運転席

上にも書きましたが玉電の本物の運転席が置いてあります。

触ることもできるのが凄い。
こういうのは、博物館だとなかなか難しいですからねえ。

ほかにも、おそらく東急線の吊り革・駅名表示板・電車の銘板などなど、電車に関連する物が展示されています。
う~ん歴史を感じる…

電車好きのちいさなお友達から大きなお友達まで、結構楽しめると思います。

今では見られないものを観られるのがミュージアムめぐりの醍醐味ですねえ。

昭和の物がみっちり飾られています

大勝庵 玉電と郷土の歴史館

郵便ポストみっちり

「物が捨てられないんだよ~」と言う歴史館のご主人の言うとおり、展示室は電車以外の物でもあふれています。上から下までぎっしり。

量としては、電車以外のものが多いようにも思います。

この雑多な感じがまた昭和な雰囲気。

最近の洗練された空間とはまた違った温かみ、というか知り合いのおじさんの家来ちゃったみたいなところがあります。

月ごとに特集展示が組まれていて、2017年7月はハローキティ特集だそうですよ。どんな物が展示されるのだろう。

私が行ったときは「車のカタログ コレクション」でした。しまったキティの方が馴染みある。

ご主人の色々な話が聴ける

大勝庵 玉電と郷土の歴史館

どこもかしこもみっちり

ご主人は話し好きで、この歴史館ができた思い出や、歴史館に訪れてくれた人についてなど、色々なお話が聴けます。
お茶を出してもらってのどを潤しつつ、いすに座っておしゃべりできます。

人の話を聴くのは、個人的には好きなので楽しかったです。
この歴史館を作ってから、色々な出会いがあったそうですよ。

むかしの世田谷についても聴いておけばよかったなあ。色々と教えてくれそう。

所要時間/滞在時間

じっくり観て…というよりご主人のお話をずっと聴いていて1時間弱くらい。

サラッと展示物だけ見るなら10分くらいで観終わります。

バリアフリー

特になし

乳幼児関係

特になし

体験

特になし

カフェ・ショップ

特になし

近隣のこと

松本かつぢ資料館が近いです。

…が、それぞれの開館日の関係で、土曜日しか一緒に行けません。残念。

外国人向け

特になし。ですが日本のゴチャゴチャを観られるので面白いと思うなあ。

基本情報

住所

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-38-6 第二玉川グランドハイツ1F

電話番号

080-1227-6158(開館時間内のみ)

開館時間

10:00~15:00 ※休憩時間12:00 ~ 12:30

入館料

無料

休館日

月曜日
水曜日
金曜日
年末年始(12/27~1/5)
臨時休館 ※私が1度行ったときは法事でお休みでした。空振った!

開館日は火・木・土・日です。

アクセス

東急電鉄 田園都市線・大井町線
二子玉川駅 下車徒歩7分

設備

特になし

Wi-fi

なし

写真撮影

ホームページ

http://senior-club.jp/setagayaroman.html

シニア倶楽部というサイトですが、大勝庵のご主人がここに情報あるよ~と教えてくだすったので載せておきますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告