岡本太郎記念館 爆発する芸術の小さな館

岡本太郎記念館

1階はカフェがあります

表参道にある芸術家・岡本太郎の住居兼アトリエを美術館にしています。

個人的には岡本太郎についてはほとんど知らなくて、「芸術は爆発だ!」といった言葉だけを子どもの頃に聞いたくらい。あと太陽の塔を造った人とか、そういった印象しかなかったです。

1階と2階があり、靴を脱いであがります。若い人が多かったですね。外国の人も。

全館写真撮影可ですが、作品の迫力はなかなか収まってくれないですねえ…

岡本太郎記念館 感想

客間や庭に岡本太郎の作品

岡本太郎記念館

作品の熱がはみ出してる感じ

1階、2階とあって、主に1階が常に岡本作品を置いている場所です。
特別展にもよるけど、私が行った時は2階は写真の展示がメインの企画展だったので、造形物は1階が多かったですね。

イメージどおりエネルギーがあふれる作品が多かったです。物凄い個性の塊。面白くなって写真を撮りまくってしまった。そんなに広くないのに作品からの圧が凄い。

特にお庭では岡本太郎作品に埋もれる感覚が味わえます。ワッサワサ生えてる木や草と一体化した作品をすごく近くで観られるのでぜひどうぞ。虫にはめっちゃ警戒しましたが…

2階にもあちこちに岡本太郎作品がちりばめられていてアクセントになっています。

でたらめな凄さがある岡本太郎の作品、川崎市にある岡本太郎美術館にも行ってみたいと思いました。

岡本太郎のいた空間を堪能

岡本太郎記念館

こんな感じの渡り廊下。楽しい

1階のアトリエは、なんともいえない迫力がありました。

なんだろう大きい作品が並べられていたからかな。それ以外にも、使い込まれた絵の具やぎっしりと収納されたキャンバス、などアトリエ全体の雰囲気に圧倒されました。

2階は2ヶ所の展示スペースがあり、中空に渡された足場のような廊下によって行き来ができます。あまり見ないタイプのデザインなので、渡る時ちょっと楽しくなった笑

建物もお庭も、岡本太郎がいた事が想像できるような空間になっています。

企画展「岡本太郎の東北」を観ました

岡本太郎が東北で撮った写真を展示していました。雪国の子どもや風景、イタコなど。

白黒の写真という事もあり、1階においてあるような、誰もがイメージする色彩豊かで個性的な作品とはちょっと趣が異なっています。

写真そのものの良さとか気のきいた感想は書けないのですが、岡本太郎の別の面を見た気がしました。

岡本太郎のグッズもたくさん売ってます

書籍からTシャツから様々な種類のグッズがありました。確かにグッズ作りやすそうな感じはしますね。海洋堂のガチャガチャもありました。

しかし全体的にグッズもエネルギーが凄い!

所要時間/滞在時間

じっくり観て1時間くらい。結構長居をした自覚があります。

サラッとなら20分くらいかなと思います。

2階の展示内容にもよるかもしれません。

バリアフリー

2階に行くのは階段のみです。基本的に、住宅をそのまま美術館にした施設はバリアフリーにはなっていませんね…横山大観記念館しかり熊谷恒子記念館しかり。

乳幼児関係

特にありません。

体験

ギャラリートークが月に1回あります。

講座は年に何度かあるようですが、頻度はあまり高くありません。

カフェ・ショップ

入口近くにカフェ「a Piece of Cake」があります。飲み物やパンケーキなど。カフェのみの利用も可能です。

ショップは前述の通り、エネルギーあふれるグッズがたくさん置いてあります。

近隣のこと

根津美術館、伊勢半本店 紅ミュージアムが近いです。

他にも表参道近くにはギャラリーがたくさんあるので、あわせて芸術に触れたい人は周ってみると楽しいと思います。

また、表参道から近い渋谷には岡本太郎の「明日の神話」が飾られていますのでぜひどうぞ。JRと京王井の頭線をむすんでいる通路にあります。

外国人向け

一部英語併記がありますが、そもそも解説もあまり無いので問題なく観られると思います。

ホームページも英語版があります。

岡本太郎記念館 基本情報

住所

〒107-0062 東京都港区南青山6-1-19

電話番号

03-3406-0801

開館時間

水~月
10:00~18:00 ※入館は17:30まで

休館日

火曜日(祝日の場合は開館)、
年末年始(12/28~1/4)
保守点検日
臨時休館あり

入館料

一般 620円

インターネット割引あり、プリントアウトしないと適用されません。

アクセス

東京メトロ 銀座線/千代田線/半蔵門線 表参道駅(A5出口)から徒歩8分

設備

特になし

Wi-fi

なし

写真撮影

ホームページ

http://www.taro-okamoto.or.jp/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告