戸栗美術館 やきものの面白さを教えてくれる

戸栗美術館

中は全部が撮影禁止なので

戸栗美術館(とぐりびじゅつかん)は陶磁器のコレクションを展示している美術館です。

名称の「戸栗」は設立者の戸栗亨から。彼の陶磁器コレクションがおさめられています。

メインは磁器で、中国・朝鮮・伊万里焼・鍋島焼が多いです。

年間通して企画展をおこなっていて常設の展示はないので、感想は行ったときによって変わってくると思います。

トイレの取っ手が陶器製だったりして、ちょこちょこ面白いです。

また、戸栗亨が当初集めたのが民具だからなのか、田の神さまの石像がお庭に置いてあります。
田の神さまは農耕の神でしゃもじを持ってたりします。可愛かった…写真撮りたかったけど禁止だった…残念。

戸栗美術館 レビュー

陶磁器の形が面白い!

やきものについては、あまり分からずに行きました。

陶磁器といっても、皿や壺や香炉や、色々と種類があります。
それらの形が想像以上のバリエーションで、観ていて飽きませんでした。
短冊が2枚重なったような形の皿とか。

一番面白かったのが、家の形をした香炉。「銹釉色絵家形香炉」という。
家を描いてるとかじゃなくて、本当に家の模型の形。三次元です。
もう工芸品の域です。よく作ったなあ。

技法もさまざま

私が行ったときの展示は「17世紀の古伊万里―逸品再発見Ⅰ―展」。
焼き物に関するテーマを設けて、実物を見比べる、という内容でした。

陶器と磁器の違い、下絵付けと上絵付け、染付の技(吹墨やぼかし濃<だみ>)、陽刻と陰刻といったテーマの解説と共に実物が展示されています。
実際に観られるというのが分かりやすくて凄く面白かったです。

下絵付けはちょっと沈む、上絵付けは鮮やかな色彩が出る(けどちょっと盛り上がった感じになり、色が落ちる事もある)などは、聞いたことはあったけど実際に観るのははじめて。
「こうなるのか~」と腑に落ちました。

“「染付 有田職人尽し図 大皿」からみる伊万里焼の作り方”のコーナーを観てからだと、制作の流れが掴みやすいのでおすすめ。

展示室がたくさん!新鋭の作家の作品も

メインは第1~第3展示室の陶磁器ですが、それ以外に特別展示室、やきもの展示室があります。

特別展示室は、私の時はパネル展示してましたね。何の内容だったかは失念しました失礼しました。

やきもの展示室は現代作家による陶磁器の展示。
望月優さんの作品が展示されていました。「カケラ」のシリーズが好きです。
調べてみたら「カケラ」は有田国際陶磁展 第113回 産業陶磁器部門で朝日新聞社賞を受賞してました。

古いものとは違ったデザインで、これまた楽しかったです。

疲れたらラウンジでひと休み

1階に広めのラウンジがあり、そこで休憩をとる事ができます。
そこのソファがふかふかで気持ちよかった…!

有料でコーヒー・紅茶・お茶を飲むことができます。

所要時間/滞在時間

じっくり観て2時間半ちょい。
2階の展示室が3つ、1階にも小さな展示室があり、観るところが多いので時間かかった…

さらっとなら30分くらいかなあ。

バリアフリー

エレベーター、車いす用トイレ等ないので、バリアフリーは対応してません。

乳幼児関係

特になし

体験

ギャラリートーク、展示に関する講座などを開催しています。
講座など、ものによっては事前予約が必要だったり有料だったりします。

夏休みのキッズ・プログラムもあって面白そう。

カフェ・ショップ

陶磁器のポストカードやクリアファイル、書籍などが売られています。

カフェはないですが、ラウンジで100円でコーヒー・紅茶が飲めます。
給茶機のお茶は50円。

近隣のこと

近くに松涛美術館、Bunkamura ザ・ミュージアムがあります。

外国人向け

解説パネル・キャプションの解説に一部英語併記のものがあります。
キャプションも作品名などは英語併記されていました。

ホームページは英語・中国語・フランス語に対応してます。

基本情報

住所

〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-11-3

電話番号

03-3465-0070

開館時間

10:00~17:00 ※入館は16:30まで

毎週金曜は20:00まで開館 ※入館は19:30まで

入館料

一般 1,000円

美術館のサイト内に、印刷または画面を見せれば200円割引になる割引券のページがあります

ぐるっとパスで無料

休館日

毎週月曜日 ※ただし月祝の場合開館し、翌日休館
毎月第4月曜はフリートークデーとして開館
展示替え期間中
年末年始

アクセス

各線 渋谷駅ハチ公口から徒歩15分
京王井の頭線 神泉駅北口から徒歩10分

設備

コイン返却式ロッカー

Wi-fi

なし

写真撮影

不可

ホームページ

http://www.toguri-museum.or.jp/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告